2018年10月29日 更新

知っておきたい15年後の未来に向けた働き方

人材不足が叫ばれて久しい労働市場。少子高齢化の加速や外国人労働者の受け入れ拡大など日々、私たちをとりまく社会状況は前例のない形で変化しています。今まで常識だった働き方もこれから大きく変わっていくでしょう。今回はこれからの時代に向けての働き方についてお届けします。

gettyimages (23665)

2018.10.29

なぜ今「働き方」を考える必要があるのか

日本では未だに多く企業が日本型雇用モデルを前提に長く働いてくれる優秀な人材を探している傾向が見受けられます。しかし、更なるテクノロジーの変化、グローバル化の促進、少子高齢化の加速などめまぐるしく社会構造が時間とともにこれまでにないスピードで変化していく中では、大学を卒業後企業に就職しそこで定年を迎えるという従来の雇用モデルを前提とした考え方は通用しない世の中になることが予測されます。
実際に世界ではずいぶん前から終身雇用のモデルが崩壊を始め、多様な働き方が主流となっていることを考えると、日本でもそう遠くない未来にこれまでのように有名企業に入社したら安定という時代は終わりを迎えるでしょう。今、来る時代に備えて私たちは個人として主体的にこれからの働き方を考える必要性に迫られているのです。
gettyimages (23668)

これからの日本における働き方とは

次に具体的にこれから日本での働き方がどのように変わっていくのか見ていきましょう。厚生労働省が2016年に発表した報告書「働き方の未来2035年」でそれについて予測しています。この報告書は7章に分けて構成されており、第3章では17年後の未来の日本においての働き方についてまとめています。
その中でも注目すべきは、「テクノロジーの更なる発展により人間が時間、空間また情報共有に制限されることがなくなる」という点。つまり、今後はこれまでのように決まった場所で働くのではなく、いつでもどこでも仕事ができるようになるということ。
また報告書では、その変化にともない人々の会社への帰属意識を保つことが難しくなり、企業は従来のようなコミュニティとしての機能を果たせなくなってくるとしています。結果、将来的に企業は「ミッションや目的が明確なプロジェクトの塊」となり、多くの人が会社に所属するのではなくプロジェクトによって所属する会社を変えていくことになるでしょう。
それは正社員雇用制度の崩壊を意味し、これまで当たり前だと思われていた一生同じ会社で同じ仕事をするという時代は終わり誰もが何らかの形でキャリアチェンジしていく世の中がやってくることを意味します。
gettyimages (23674)

私たちが目指すべきもの

遠くない未来に起こる労働状況の変化に向けて私たちはこれからどのようにキャリアを構築していくべきなのでしょうか。ロンドン・ビジネススクール教授で「ワーク・シフト」「ライフ・シフト」の著者として知られるリンダ・グラットンの考えを参照に考えてみましょう。
彼女はベストセラーとなった著書である「ワーク・シフト」の中で「連続スペシャリスト」という新しいキャリアの考え方を提唱しています。彼女の言う「連続スペシャリスト」とは社会的に必要とされる高い専門知識と技能を持ち、それを実際のビジネスで発揮するパフォーマンスを繰り返すキャリアのこと。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hikkey Hikkey