2019年3月18日 更新

知っておきたい15年後の未来に向けた働き方

人材不足が叫ばれて久しい労働市場。少子高齢化の加速や外国人労働者の受け入れ拡大など日々、私たちをとりまく社会状況は前例のない形で変化しています。今まで常識だった働き方もこれから大きく変わっていくでしょう。今回はこれからの時代に向けての働き方についてお届けします。

gettyimages (23665)

2018.10.29

なぜ今「働き方」を考える必要があるのか

日本では未だに多く企業が日本型雇用モデルを前提に長く働いてくれる優秀な人材を探している傾向が見受けられます。しかし、更なるテクノロジーの変化、グローバル化の促進、少子高齢化の加速などめまぐるしく社会構造が時間とともにこれまでにないスピードで変化していく中では、大学を卒業後企業に就職しそこで定年を迎えるという従来の雇用モデルを前提とした考え方は通用しない世の中になることが予測されます。
実際に世界ではずいぶん前から終身雇用のモデルが崩壊を始め、多様な働き方が主流となっていることを考えると、日本でもそう遠くない未来にこれまでのように有名企業に入社したら安定という時代は終わりを迎えるでしょう。今、来る時代に備えて私たちは個人として主体的にこれからの働き方を考える必要性に迫られているのです。
gettyimages (23668)

これからの日本における働き方とは

次に具体的にこれから日本での働き方がどのように変わっていくのか見ていきましょう。厚生労働省が2016年に発表した報告書「働き方の未来2035年」でそれについて予測しています。この報告書は7章に分けて構成されており、第3章では17年後の未来の日本においての働き方についてまとめています。
その中でも注目すべきは、「テクノロジーの更なる発展により人間が時間、空間また情報共有に制限されることがなくなる」という点。つまり、今後はこれまでのように決まった場所で働くのではなく、いつでもどこでも仕事ができるようになるということ。
また報告書では、その変化にともない人々の会社への帰属意識を保つことが難しくなり、企業は従来のようなコミュニティとしての機能を果たせなくなってくるとしています。結果、将来的に企業は「ミッションや目的が明確なプロジェクトの塊」となり、多くの人が会社に所属するのではなくプロジェクトによって所属する会社を変えていくことになるでしょう。
それは正社員雇用制度の崩壊を意味し、これまで当たり前だと思われていた一生同じ会社で同じ仕事をするという時代は終わり誰もが何らかの形でキャリアチェンジしていく世の中がやってくることを意味します。
gettyimages (23674)

私たちが目指すべきもの

遠くない未来に起こる労働状況の変化に向けて私たちはこれからどのようにキャリアを構築していくべきなのでしょうか。ロンドン・ビジネススクール教授で「ワーク・シフト」「ライフ・シフト」の著者として知られるリンダ・グラットンの考えを参照に考えてみましょう。
彼女はベストセラーとなった著書である「ワーク・シフト」の中で「連続スペシャリスト」という新しいキャリアの考え方を提唱しています。彼女の言う「連続スペシャリスト」とは社会的に必要とされる高い専門知識と技能を持ち、それを実際のビジネスで発揮するパフォーマンスを繰り返すキャリアのこと。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hikkey Hikkey