2019年5月21日 更新

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

2019.5.16

鑑賞者が制作に参加する「参加型アート」

美術(アート)といえば、それを見る人(鑑賞者)は受け身なのがふつうです。
美術展を企画し、国内外の美術館から作品を借りてきて解説文をつけて展示・公開するのは「学芸員(キュレーター)」という専門家の仕事で、美術を鑑賞する人は入場料を支払ってそれを見ることしかできないと思われています。
美術作品を創作するアーティスト、キュレーター、鑑賞者、そして美術作品について評論を書いたり、審査を行う批評家が、完全に分かれて存在しているのが現代の美術界です。
しかしそうではなく、鑑賞者が作品制作の過程に関わったり、展示されている内容の一部を担うような美術作品もいま、現れてきています。それを「参加型アート(Participatory Art)」と言います。
参加型アートには、アーティストが通りがかりの人に頼んで好きな色をつけてもらうもの、一筆加えてもらうもの、鏡に映り込んだ鑑賞者の姿が作品の一部をなしているもの、会場で作品を展示している間にアーティストが鑑賞者の意見を聞きながらどんどん手直しをしていくものなどもあります。

全国のアートプロジェクトにもひろがる

新潟県の十日町市と津南町にまたがる越後妻有地域で今年は4~5月の10連休に行われた「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」では、地元の住民が自発的に制作に加わって、アーティストとほぼ同等の立場でアイデアを出しあい、制作の作業を行った作品が見られました。
妻有の住民は共同制作者であり、鑑賞者でもあります。
住民は美術の専門の勉強などしていない「素人」なので途中で予測不能なハプニングが起こることもありますが、それもかえって斬新なアイデアを生み出すかもしれないと、アーティストも住民とのコミュニケーションを楽しみにしています。
八戸市の「南郷アートプロジェクト」、新潟市の「水と土の芸術祭」、近江八幡市の「BIWAKOビエンナーレ」、神戸市の「六甲ミーツアート芸術散歩」など、全国で地域に根差したアートプロジェクトがいろいろ開催されていますが、そこでは参加型アートの作品展示が着実に増えています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部