2019年5月21日 更新

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

2019.5.16

鑑賞者が制作に参加する「参加型アート」

美術(アート)といえば、それを見る人(鑑賞者)は受け身なのがふつうです。
美術展を企画し、国内外の美術館から作品を借りてきて解説文をつけて展示・公開するのは「学芸員(キュレーター)」という専門家の仕事で、美術を鑑賞する人は入場料を支払ってそれを見ることしかできないと思われています。
美術作品を創作するアーティスト、キュレーター、鑑賞者、そして美術作品について評論を書いたり、審査を行う批評家が、完全に分かれて存在しているのが現代の美術界です。
しかしそうではなく、鑑賞者が作品制作の過程に関わったり、展示されている内容の一部を担うような美術作品もいま、現れてきています。それを「参加型アート(Participatory Art)」と言います。
参加型アートには、アーティストが通りがかりの人に頼んで好きな色をつけてもらうもの、一筆加えてもらうもの、鏡に映り込んだ鑑賞者の姿が作品の一部をなしているもの、会場で作品を展示している間にアーティストが鑑賞者の意見を聞きながらどんどん手直しをしていくものなどもあります。

全国のアートプロジェクトにもひろがる

新潟県の十日町市と津南町にまたがる越後妻有地域で今年は4~5月の10連休に行われた「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」では、地元の住民が自発的に制作に加わって、アーティストとほぼ同等の立場でアイデアを出しあい、制作の作業を行った作品が見られました。
妻有の住民は共同制作者であり、鑑賞者でもあります。
住民は美術の専門の勉強などしていない「素人」なので途中で予測不能なハプニングが起こることもありますが、それもかえって斬新なアイデアを生み出すかもしれないと、アーティストも住民とのコミュニケーションを楽しみにしています。
八戸市の「南郷アートプロジェクト」、新潟市の「水と土の芸術祭」、近江八幡市の「BIWAKOビエンナーレ」、神戸市の「六甲ミーツアート芸術散歩」など、全国で地域に根差したアートプロジェクトがいろいろ開催されていますが、そこでは参加型アートの作品展示が着実に増えています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

丸の内OL流~海外旅行をちょっとお得にする4つの方法!

丸の内OL流~海外旅行をちょっとお得にする4つの方法!

こんにちは、まるねぇです。 夏休みシーズンになりましたね! お盆休みを活用して、海外旅行に行く予定の人も多いのでは?
本当に心地よい部屋を作る3つのコツ|休日を気持ちよく過ごせる

本当に心地よい部屋を作る3つのコツ|休日を気持ちよく過ごせる

初めまして。整理収納コンサルタントの須藤昌子です。働くビジネスパーソンのために、休日を気持ちよく過ごせるお部屋の作り方や、お仕事の効率が上がる整理収納のコツについて連載していきます。今回は、心も体も休まる、心地よいお部屋作りのコツをご紹介します。
本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

本物のお金持ちのライフスタイルは地味そのもの!その理由は?

莫大な資産を持つお金持ちほど、実は生活は地味なものです。しかしこれは、無意味に節約をしたりお金を出し惜しんだりしているわけではありません。そこにどのような理由があるのかを知ることで、お金持ちになる秘訣がわかるかもしれません。
人生の成功者が人間関係を見切るポイントとは

人生の成功者が人間関係を見切るポイントとは

人間関係は、一度構築するとその後は長らく関係が続くケースが多いです。職場などでも、最後まで面倒を見ようと尽力するシーンはよく見られます。しかし、人間関係において見切り力も重要。今回は成功者が人間関係を見切るポイントについて考えていきます。
人生に効く外国人の名言|活力が湧き日々使えるもの9選

人生に効く外国人の名言|活力が湧き日々使えるもの9選

外国人の発した名言は、なぜかストレートに心に刺さることがあります。日本人よりも己の心に素直で、感情表現がストレートな場合が多いためなのかも知れませんね。外国人が発した英語の名言の中でも、使いやすくて、比較的短めのものを今日は紹介してみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部