2018年8月29日 更新

「いつかは住みたい」バンコクでの生活費

東南アジアを代表する常夏の国・タイは、日本からの直行便も多く、6時間程度のフライトで到着できることから、常に定番の海外渡航先として知られています。中でも首都・バンコクは、異国情緒に溢れる街並みを残しつつ、東南アジアのハブとしても急成長しており、伝統と近代化が融合した独自の魅力を形成しています。

gettyimages (20005)

2018.8.29
中でも首都・バンコクは、異国情緒に溢れる街並みを残しつつ、東南アジアのハブとしても急成長しており、伝統と近代化が融合した独自の魅力を形成しています。
そんなバンコクに惹かれ、いつかこの地で暮らしてみたいと思った人のために、実際にバンコクで生活する際に掛かる生活費などを紹介します。
1カ月あたり一体どのくらいのお金があればよいのか?日本の暮らしとの相違点は何なのか?今後の人生設計の参考にしてみて下さい。

移動にオススメの「BTS」

gettyimages (20033)

タイといえば、シンボル的な存在ともいえる「トゥクトゥク(タクシーのような屋根付きの三輪自動車)」や、川を運航するボートなど、様々な乗り物を楽しむことができますが…実際に暮らして移動をする場合には鉄道をオススメします。
実はバンコクは、世界でも1・2を争う“交通渋滞都市”。首都への人口密集や自動車所有率の増加に、道路上のインフラ整備が追いついていないことが原因とされています。特に朝の通勤・通学時間帯の7時〜9時ごろは、日本の帰省シーズンの交通渋滞のような状態に見舞われることもあるので、注意が必要です。
そこで、街中の交通移動手段として役立つのが「BTS(高架鉄道)」です。サイアムや、ラーチャダムリ通り、シーロム通りなどの主要区間を、6:00~24:00の間、約4~8分間隔で運行しています。
運賃は16THB〜59THB程度(日本円で53円〜195円程度 ※1バーツ=3.3円とした場合)で、日本の鉄道と比べると非常に安価です。
移住後、毎日のように「BTS」を利用するのなら、駅の窓口で「ラビット・カード」を購入すると便利です。チャージ式のプリペイドカード(IC乗車券)で、発行手数料は100THB、初回利用時に最低100THBの金額チャージが必要です。これらを合わせても、タイでの交通費は1か月で5,000円あれば十分と言えるでしょう。
ちなみに…タイ人は非常に“時間にルーズ”として知られています。渋滞を理由に1時間程度の遅刻をしても、あまり気に留めない人も多いので、現地で仕事や待ち合わせをする場合は“特有の時間感覚”に慣れることも重要です。
<※BTS 料金の参考>
タイ観光案内サイト【公式】タイ国政府観光庁より
https://www.thailandtravel.or.jp/about/trafficbkk/

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部