2019年9月5日 更新

社員のモチベーションを上げる方法とは?社内ニートにしないために

社員・メンバーのモチベーションを上げるためにどうすれば良いか、頭を悩ませる経営者・リーダーは少なくないでしょう。モチベーションが低い組織で生産性を上げることは覚束ないし、社内ニートを増やすことにもなりますね。社員のモチベーションを上げる方法を考えます。

gettyimages (46339)

2019.9.5

社員のモチベーションを上げる責任は経営者・リーダーに?

gettyimages (46346)

社員・メンバーのモチベーションとは、仕事への「動機付け」であり、自発的行動を促す要因と考えられます。「意欲」や「やる気」と捉えれば良いでしょう。「動機付け」には大きく分けて2種類があります。「内的報酬」と言われる、仕事の達成感・やり甲斐・自己の成長などと、「外的報酬」と言われる、昇進・昇給・賞与などですね。
モチベーションが高い社員は、上長やリーダーに指示されて受動的に仕事に取り組むのではなく、自ら主体的に業務を改善するなど、業績を上げるために心血を注げる状態になっています。言わずもがな、組織へのLoyalty(ロイヤリティ・忠誠心)も高く、自社と顧客双方に対して大きく貢献できる傾向が強いのです。つまり、社員の能力+モチベーションでパフォーマンスは最大化される訳です。
翻って、モチベーションが低い社員は、仮に能力自体は高くてもパフォーマンスが上がらないですし、社内ニートのようになって悪い「気」を発し、チームの士気まで下げてしまいがちです。ここから考えれば、社員のモチベーションを上げる責任は、経営者・リーダーサイドにこそあると言えるのですね。

社員のモチベーションを上げることは難しくない

社員・メンバーのモチベーションを上げる方法は、実際はシンプルであり、決して難しいものではありません。的確な「動機付け」方法を経営者・リーダーが心得るだけで、社員のモチベーションを上げることが可能になります。ただし、経営者・リーダーがモチベーションを上げる動機付けの「選択」を誤ってしまうと、却って社員・メンバーのモチベーションを下げてしまう結果となりますから、ここは要注意です。
都内で10年以上にわたり、主に中小企業向けの経営コンサルティングサービスを提供する企業の調査などによると、社員のモチベーションを上げる効果的な「動機付け」は、以下のような順位のようです。これは、複数のIT系ベンチャー企業などで経営補佐の立ち位置にいたことがある私の知見から見ても、納得してしまうものですね。

1.経営者・上長との良好な関係

経営者や上長から頼りにされ、かつ気にかけてもらえていること。一人の人間として、キチンと受け容れてもらえている実感があること。

2.経営者・上長による行動管理(目標・評価・育成)

経営者や上長から目標を提示され、仕事振りやパフォーマンスが正当に評価されること。人材として期待され、育てられている実感があること。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップとは「部下のお手本になるべき」「先頭に立って皆を引っ張る存在」などと思っている上司は多いです。間違いではないものの、本来のリーダーシップとは一体?ちょっと残念な上司のエピソードを交え、部下があこがれるリーダーシップ像について考えていきます。
誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

近年、政府が推進する「働き方改革」に関連してよく耳にする「ダイバーシティ」という言葉。あまりにも耳慣れた単語ゆえ、まるですべて知っているかのような気分になっていませんか?今回は、改めて「ダイバーシティ」の本質について考えていきます。
理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

この記事をご覧の皆さんの中には、理想の上司像の特徴は、男女で求められるリーダー像は違うのか、という疑問を抱いている人もいると思います。 そこで、今回の記事では、世の中の理想の上司像はどういうものか、男女で求められるリーダー像は違うのか、について説明します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部