2019年9月5日 更新

社員のモチベーションを上げる方法とは?社内ニートにしないために

社員・メンバーのモチベーションを上げるためにどうすれば良いか、頭を悩ませる経営者・リーダーは少なくないでしょう。モチベーションが低い組織で生産性を上げることは覚束ないし、社内ニートを増やすことにもなりますね。社員のモチベーションを上げる方法を考えます。

gettyimages (46339)

2019.9.5

社員のモチベーションを上げる責任は経営者・リーダーに?

gettyimages (46346)

社員・メンバーのモチベーションとは、仕事への「動機付け」であり、自発的行動を促す要因と考えられます。「意欲」や「やる気」と捉えれば良いでしょう。「動機付け」には大きく分けて2種類があります。「内的報酬」と言われる、仕事の達成感・やり甲斐・自己の成長などと、「外的報酬」と言われる、昇進・昇給・賞与などですね。
モチベーションが高い社員は、上長やリーダーに指示されて受動的に仕事に取り組むのではなく、自ら主体的に業務を改善するなど、業績を上げるために心血を注げる状態になっています。言わずもがな、組織へのLoyalty(ロイヤリティ・忠誠心)も高く、自社と顧客双方に対して大きく貢献できる傾向が強いのです。つまり、社員の能力+モチベーションでパフォーマンスは最大化される訳です。
翻って、モチベーションが低い社員は、仮に能力自体は高くてもパフォーマンスが上がらないですし、社内ニートのようになって悪い「気」を発し、チームの士気まで下げてしまいがちです。ここから考えれば、社員のモチベーションを上げる責任は、経営者・リーダーサイドにこそあると言えるのですね。

社員のモチベーションを上げることは難しくない

社員・メンバーのモチベーションを上げる方法は、実際はシンプルであり、決して難しいものではありません。的確な「動機付け」方法を経営者・リーダーが心得るだけで、社員のモチベーションを上げることが可能になります。ただし、経営者・リーダーがモチベーションを上げる動機付けの「選択」を誤ってしまうと、却って社員・メンバーのモチベーションを下げてしまう結果となりますから、ここは要注意です。
都内で10年以上にわたり、主に中小企業向けの経営コンサルティングサービスを提供する企業の調査などによると、社員のモチベーションを上げる効果的な「動機付け」は、以下のような順位のようです。これは、複数のIT系ベンチャー企業などで経営補佐の立ち位置にいたことがある私の知見から見ても、納得してしまうものですね。

1.経営者・上長との良好な関係

経営者や上長から頼りにされ、かつ気にかけてもらえていること。一人の人間として、キチンと受け容れてもらえている実感があること。

2.経営者・上長による行動管理(目標・評価・育成)

経営者や上長から目標を提示され、仕事振りやパフォーマンスが正当に評価されること。人材として期待され、育てられている実感があること。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部