2018年11月4日 更新

「時間にとらわれないゆとりある暮らし」を考える

幸せ自作人こと島津信枝です。 最近鉄道の駅にホームドアの設置が増えていますが、海外ではホームドアをほとんど見かけません。 ホームドアは安全対策として有効と思われますが、ホームドアに慣れた日本人が海外旅行をするとカルチャーショックを受けるかも知れません。

カルチャーの違いによる「時間」の捉え方

ところで、話は少し変わりますが、以前ブラジルを旅行したときに驚いた事がありました。ブラジルで最も人口が多いサンパウロ市の地下鉄で電車を待っているときにホームで時刻表を探しました。

ところが何処をみても時刻表が見当たらないので一緒にいたプラジル人に「時刻表は何処にあるのですか」と聞いたところ、答えは「そんなものありません」でした。

日本でしたら鉄道には必ず時刻表があり、その通りに電車が走っているのが当たり前です。

ところがサンパウロの地下鉄は時刻表なしで電車が走っていました。「電車がホームにいればその電車に乗る、いなければ電車が来るまで待つ」というシンプルな仕組みで何の問題もなく運行されていました。

日本では2分遅れた5分遅れたと大騒ぎしますが、それが本当に必要なことなのかと考えさせられました。

細かい事に神経質にならず優雅に暮らすブラジルの人々の方がひょっとしたら幸せなのかもしれません。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

郷に入っては郷に従え

何年か後に、日本に来たブラジル人にこのことを話したら、その人は日本では時刻表通りに極めて正確に電車が運行されていて驚いたそうです。

やはり誰でも自分の住んでいる国を基準として物事を考えてしまうのですね。

そういえばブラジルの人は時間を守ることに対して、さほど重点を置かずにマイペースに行動するが、日本人は関係者に迷惑がかからないように几帳面に時間を守ろうとする傾向があると聞いたことがあります。

ブラジル旅行の時は、時刻表なしで走るサンパウロの地下鉄がとても新鮮であり、時間にゆとりを持って暮らす人々がうらやましく感じられました。

郷に入っては郷に従えと言いますが、海外旅行の時は日本の物指しを一旦捨てて訪問先の習慣や文化を楽しむ事が大切と思います。

今日はこの辺で。

【前回の記事はこちら】
便利は不便!?便利に慣れすぎない大切さについて
自分流を貫く勇気から生まれるもの
断捨離をして手に入れる心地よい暮らし

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部