2017年12月21日 更新

〈にしのあきひろ〉実はまだプロローグにすぎない―『えんとつ町のプペル』で僕が本当に伝えたいこと

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」。 そんな、静かでありながら、刺激的なフレーズで始まる『えんとつ町のプペル』。制作期間4年半。総勢35人のクリエイターの「完全分業制」という常識破りのスタイルによってこの絵本はこの世に誕生した。

2017.7.11
お笑いコンビ「キングコング」として漫才をする傍ら、構想からクラウドファンディングによる資金集め、制作まで奔走したにしのあきひろさんに、『えんとつ町のプペル』の奥に込めた想いを語ってもらった。

■「現代社会」を伝えたかった

STAGE編集部:構想から世の中に送り出すまで4年半かかったとのことですが、にしのさんがストーリーを膨らませる中で「ここを一番伝えたい」と思っていたことはどんなことだったのでしょうか。
うーん、なんだろうなあ。伝えたかったこと。まぁでも今。現代社会でしょうね。
STAGE編集部:現代社会、ですか。
現代社会。要は夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる現代社会は辛い。今、上を向いたらえんとつ町は煙突だらけ。そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。朝から晩までモックモクで、えんとつ町に住む人は、青い空を知らないし、輝く星も知らない。つまり、空っていう概念がないから、街に住む人はみんな上を向くことをやめちゃうんです。上を見ても何もいいことがないので。

でも、そこに主人公のふたりが「あの煙の向うに何かあるんじゃないか」と言って上向いたら「あるわけねえじゃん」って、叩かれて、邪魔されて。まぁ、これはだから夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれるという現代社会を一回ファンタジーに落し込もうと思って、作った。そういうことですね。

■実はこれはプロローグにすぎないんです

STAGE編集部:「えんとつ町」という印象的な設定の着想はどこにあったんですか?
えーとえーと、これ、ちょっと複雑で。『えんとつ町のプペル』というやつはですね、2016年の11月に1回、絵本として出版したんですけど、本当はこれはまだプロローグなんですよ。
STAGE編集部:この絵本が、プロローグですか?
そう。お話はもっともっと長くて、これが全体の5分の1ぐらいなんですよ。その長いお話のプロローグをまず絵本として世に出したという。

えんとつ町って、三方崖に囲まれていて、一方が海という、まぁこういう立地の町なんですけど、海に出ることを禁止されてるんですね。でも、じゃあなんでえんとつ町の支配者が海に出ることを禁止したかっていうことは、絵本のなかでは語っていないんですよ。

■『えんとつ町のプペル』の本当のテーマは「お金」

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

医学の進歩により人生100年時代がやってくるなか、ビジネスパーソンにとって、ただ寿命を伸ばすだけでなく、ベストパフォーマンスを出し続ける健康な体づくりの方法を知っておきたいものです。今から取り入れるべき健康法や2020年の健康トレンドについて、日経ヘルス編集長の白澤淳子さんにうかがいました。
ブロックチェーンエンジニアの「未知なるもの」の学び方<赤澤直樹>

ブロックチェーンエンジニアの「未知なるもの」の学び方<赤澤直樹>

赤澤さんは26歳という若さで、文系ビジネスパーソンでもブロックチェーンプログラミングがゼロから学べると話題の『Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書』を上梓しました。
26歳でブロックチェーンの教科書を執筆したエンジニア<赤澤直樹>

26歳でブロックチェーンの教科書を執筆したエンジニア<赤澤直樹>

世の中には、新しい技術や概念など、まだ情報量が少なかったりそのものの定義が曖昧なものがたくさんあります。理解したいと思っても情報が点在していて全体を捉えづらい。今回は、そんな「未知なるものの学び方」をテーマに、FLOCブロックチェーン大学校で講師も務めるブロックチェーンエンジニア 赤澤直樹さんにお話を伺いました。
〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

経済成長の目覚ましいインドで誰よりも早く会社を構え、日本という枠に捕らわれずにビジネスチャンスを掴んできた会計士・野瀬大樹さん。お金の学校「ファイナンシャルアカデミー」で複数のスクールを受け持つ講師でもあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

コロナショックに負けない
「今&未来の家計防衛術」セミナー

コロナショックに負けない家計になるための
お⾦の知識を学べる講座

「ビギ卒」株式投資セミナー

どんな株価相場でも、チャンスに変えて
安定した利益が出せる投資家になるための講座

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS