2018年10月9日 更新

論語に学ぶ幸せな人間関係の築き方3選

現代に生きる人間として、常に新しい事柄や情報を取り入れていくことは大切です。しかし、過去の事柄が全て古く間違っているとも言い切れません。 今回は論語を読み解くことで過去の偉人から学び、振り返ることの大切さ、昔の人のシンプルな考え方、ライフスタイルを取り入れていく方法についてご説明します。

2018.7.3

学びの中で共感を得られる仲間との出会いがある

学而第一 1 子曰學而時習之章

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。
先師がいわれた。――
「聖賢の道を学び、あらゆる機会に思索体験をつんで、それを自分の血肉とする。なんと生き甲斐のある生活だろう。こうして道に精進しているうちには、求道の同志が自分のことを伝えきいて、はるばると訪ねて来てくれることもあるだろうが、そうなったら、なんと人生は楽しいことだろう。だが、むろん、名聞が大事なのではない。ひたすらに道を求める人なら、かりに自分の存在が全然社会に認められなくとも、それは少しも不安の種になることではない。そして、それほどに心が道そのものに落ちついてこそ、真に君子の名に値するのではあるまいか」(下村湖人『現代訳論語』)
現代訳を見て、まずはどのように感じるでしょうか。
例えば、学ぶことで自分の糧になるだけでも生きがいがあり、学び続ける途中で共感を得られる人との出会いがある。時にはコミュニケーションを楽しみ、さらに嬉しい気持ちになるだろう。でも、有名になることが大事なのではなく、人目を気にすることなく夢中であり続けられること自体が不安を少なくする、と読み解いたとします。
または、学ぶことそのものを生きがいとすれば、友達が増え、さらに学び続けることができる。努力の結果が報われないような不安を感じたとしても、懸命に学んだことは失われない、と読み解くこともできます。
論語から学ぶ時、人それぞれの解釈や理解が生まれます。そして、ごく当たり前のことを再確認できることもあります。
大切なのは受け取り方によって、読み解き方によって、過去の偉人の言葉を自分らしくプラスにできるということではないでしょうか。

言葉巧みに誰かと話そうとすればするほど信用されない

学而第一 3 子曰巧言令色章

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部