2018年11月23日 更新

独立性堅守のFRBプライド

2018年11月15日にFRB米連邦準備理事会は、2019年6月に専門家会合を開き金融政策の枠組みを再点検すると発表され、その前後にはFRB当局者から景気見通しに対して慎重な発言が続いたか事からドル高のトレンドに変化の兆しが見えました。今回は、FRBのプライドから2019年の見通しをみていきたいと思います。

gettyimages (25671)

2018.11.23

FRB当局者から慎重発言が相次ぐ

gettyimages (25675)

米国中間選挙が終わってからも、米国は12月にも利上げが行われ、また、2019年にも3回の利上げがあるということが市場コンセンサスになっていました。そんな中、FRB当局者から2019年度を占う大事な発言が連発されました。しかも、景気見通しという重要なヒントを備えて。
1 )クラリダ副議長が公の場で初発言

2018年11月16日にFRBのクラリダ副議長がCNBCのインタビューに対して「米金利はFRBが中立金利(2.5%〜3.5%)と見なす水準に近づいている」との見方を示しました。この発言をきっかけに市場関係者の間に米国が2015年から開始した引き締めサイクルが近く終了するのではないかとの思惑が広がりました。ちなみに、クラリダ副議長は今年の8月に上院議員から副議長指名を受けたばかり。つまり、この日の発言は初めての公の場での発言となり市場関係者に注目されていた中での「ハト派」発言でした。
2 )カプラン・ダラズ地区連銀総裁が慎重発言

カプラン連銀総裁は、TVインタビューで市場見通しに対して慎重な発言を行いました。「米経済は自身の予想よりも力強く推移しているものの、来年はトランプ政権の税制改革による恩恵が薄れるほか、世界的な経済情勢が軟調になるなどの向かい風にさらされる」との見方を示しました。このカプラン総裁は、ヘッジファンド出身の学者、また、米国ゴールドマン・サックスの元副会であったことから経済見通しに明るいことで知られています。
3 ) パウエルFRB議長も追撃の発言

パウエル議長が世界経済の見通しについて慎重発言で追撃しました。FRB当局者がどの程度のペースで利上げを実施すべきか検討する中で、「世界経済の成長鈍化が懸念事項として台頭している」との認識を示しました。
さて、このようなFRB当局者からの重要発言が続き米国10年金利は3.2%から若干低下。2019年以降は、利上げスピードが鈍化するのではないかとの思惑が広がりました。これだけの関係者がそろいも揃ってこのような発言をすればだれでもそう思うはずです。

2019年6月の専門者会合

gettyimages (25681)

さて、このような少し厳しい発言が続く中、FRBは11月15日に金融政策の枠組みを2019年に再点検すると発表しました。実はこの発表の真意については明確にされてません。そのため、市場関係者の間でも今の時点での解釈は様々といったところです。例えば、トランプ大統領からの「引き締め」非難をかわすためだとか、国民に対する正しい政策判断を行っていることをアピールするためのものであるとか。
しかし、この再点検の真意は、「2019年の経済情勢を見越した対応」なのではないかと考えられます。その理由は2つあります。
1 )利下げ余地が少ない

2015年から開始された米国の利上げは、今年で3年目を迎えました。その結果、現時点では政策金利は2.25%まで上昇してきました。しかし、過去と比較してみるとこの金利水準はすごく低位であり、政策当局者からすれば「利上げしてもここまでしか上げられない」、「もし景気が後退したら利下げの余地があまりにも少ない」といった不安だらけであることが間違いありません。世界経済を牽引してきたFRBとしては、過去の景気後退局面では約5%もの利下げを断行し景気の下支えをしてき歴史から、少なくとももう1%は利上げしたかったという本音が聞こえてきそうです。だからこそ、この状態で景気後退を迎えることだけは絶対に避けたいと考えていると思われます。
2 )しかし経済情勢に変化の兆しが見え隠れし

このようにFRBが十分な備えをする前に、好調であった世界経済に変化の兆しが見えてきました。例えば、中国経済の減速、テック企業の業績見通しの悪化など。また、IMFなども調査機関も見通しを下方修正しています。一方の米国はといえば、物価は2%上昇、賃金上昇率や不動産価格も上昇、雇用も完全雇用状態とインフレの兆しが見え隠れしています。今のFRBの心境は、「利上げもしたい、でも、利上げで世界経済の減速のキッカケを作りたくない」という、とてもとても悩ましい状況に置かれているのでないでしょうか。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊