2019年8月2日 更新

起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

資金を出して起業志望者を手助けする「エンジェル投資家」はどこにいるのでしょうか?どこを探せば見つかるのでしょうか?もし見つかって「資金を出すよ」と言われても、それが本当に信用できる人物なのかどうか、どう判断すればいいのでしょうか?

gettyimages (43755)

2019.8.2

起業の一番最初の段階で助けてくれる投資家

「起業したい」と志して、事業プランをあれこれ考えて、「これならいける。自信がある」と思っても、資金が調達できなければ何もできません。自分で起業資金を貯めて、あるいは親族や知人、友人から借りても、それだけでは足りないものです。事業を起こした日から、会社を設立するにも、オフィスを借りるにも、人を雇うにも、必要なものを揃えるにも、数十万円から百万円を超える単位のお金がどんどん出ていくからです。
金融機関も、お役所の起業支援制度も、ベンチャーキャピタル(VC)も、事業計画書の紙一枚だけではお金を貸してくれないものです。クルマにたとえれば、ガソリンの供給は走り出してからです。しかし、最初にクルマに一定の量のガソリンを入れておかなければ、エンジンはかけられません。
起業志望者が最初にビジネスというクルマのエンジンをかける時、必要なガソリン(資金)を供給するのが「エンジェル投資家」という存在です。ほとんどの場合、起業してスムーズに走り出せるかどうかは、エンジェルから十分な資金を得られるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。
エンジェル投資家はおおむね、次のような特徴があります。
・融資ではなく株主になる「出資」で、資金の計画的な返済や利子は求めません
・金額は数百万円から多くて2,000万円程度
・エンジェル投資家の多くは起業経験があり、必要なアドバイスや忠告をしてくれます
・法務や税務や知財や貿易事務などの専門家を紹介してくれることがあります
起業志望者にとっては、頼りになる味方でしょう。でも、起業資金をポンと出してくれるエンジェル投資家は、いったいどこにいるのでしょうか? そのオフィスに看板など出していません。職業別電話帳にも載っていません。広告や宣伝は行っていません。

エンジェル投資家へのアプローチのしかた

gettyimages (43816)

エンジェル投資家は優れた起業プランを持つ起業志望者との出会いを求めていますが、待っていてもその人はやって来ません。自分で探して、見つけなければなりません。
見つける方法は次のようなものがあります。
・人づてで紹介を受ける
前職の人間関係や大学の同窓会など、ルートはいろいろあるでしょう。連絡先を教えてもらったらお声がけを待たずに手紙やメールで直接連絡し、事業計画書を持って会いに行くぐらいの積極性がほしいところです。
・ビジネス交流会やイベントへの参加
ビジネスパーソンの人脈づくりを目的に商工団体や自治体、地方銀行などいろいろな団体・企業が有料で開催しています。そこで「今度、こんなビジネスを始めるつもりです」と簡単なプレゼンをしたら、エンジェル投資家とのコネクションができるかもしれません。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部