2017年12月11日 更新

【新連載】MAKI’s Happy Theory for business person〜ハワイのマキさんのハッピーマネジメント論

「ハワイのマキさん」といえば、業界では有名なコーディネート会社コニクソンプロダクションズの代表。コーディネート会社以外にもいろいろなジャンルのビジネスを立ち上げています。旬の芸能人との交流や、ハワイでのライフスタイルも注目の的。多忙を極めるマキさんが、いつも仕事をハッピーにこなすコツを教えてくれます

マキ・コニクソン『ハワイのマキさん』を知っていますか?

「ハワイのマキさん」といえば、マスコミ・広告関係者なら、知らない人はいないと言っても過言ではありません。

ハワイを拠点として世界中で取材コーディネートを担当するコニクソンカンパニーの代表です。少し前になりますが、日本テレビ「世界弾丸トラベラー」の現地コーディネーターと言えばピンと来る方も多いのではないでしょうか。

多忙を極める芸能人は直前まで日程が決まりません。明日、と言われても現地ロケができるコンディションに整えておき、当日も臨機応変にブッキング、最高の絵作りのお膳立てをする。

そして、殺人的なスケジュールの中でさえも、溢れるホスピタリティ。
必ずハッピーアワーを作ってくれるのがマキさん流です。

だから、マキさんとお仕事をすると芸能人からスタッフまでみんな虜になってしまいます。
どうして、そんなにハッピーでいられるのでしょう? 想像を絶する多忙さの中で、笑顔を絶やさない、決して諦めない、そして美しい。そんな人になるために、マキさんにハッピーのヒントをもらいましょう。

年を経るごとに自由にハッピーなれた

愛すべきハワイの写真を紹介することは、マキさんのライフワークのひとつ。
私は現在50歳です。


年齢を隠す人がいますが、私にはその気持がわかりません。
むしろ50歳になるのを楽しみにしていました。待ちきれないぐらい。
年相応に、年輪を経るのは素敵なことだと思います。
社会人になりたての頃は私もとんがっていて、がむしゃらにいろんなことにトライしていたけれど、逆に言えば余裕がなかったからそんな行動をしてたんだと思います。アグレッシブで、怒ることも多かったかもしれません。
年を重ねるごとに傷つくこともなくなり、怒りから開放されていき、いい意味で余裕がどんどん出てくる自分を感じていたので、50歳になるのがすごく楽しみだったんです。
長く仕事をしてきて経験値もあるし、臨機応変にハンドリングできる自信があります。何かトラブルが起こった時に、クライアントの若い子が、「マキさんどうしよう!?」とパニックになっても、「大丈夫、こんなの何でもないから!」と言える。「余裕」は大切なものですが、経験や自信がないと生まれないものなんです。
50代は今までの集大成、成果が出てくる時。
毎日をちゃんとハッピーに生きていれば、50代をワクワク楽しみにできると思うんです。

子どもが独立したら寂しい? NO!

私には2人の子どもがいますが、2人とも大学進学でハワイを出たので手が離れました。今は自分1人の自由な時間が持てます。大好きなドライブも思う存分楽しめます。
「子供いないと寂しいね」と言われることもありますが、私はちっとも寂しくないんです。私は自分の時間を持てる、子ども達もハワイを出て大学に行ってハッピー。Win-Winですよね。
子ども達への連絡は毎日のようにしています。「楽しい?」って聞くと「最高!」って言うから、「ママも楽しいよ!」って言って、負けていられないわけ!
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

海外で目にした開発途上国の子どもたちと、米国のNPO団体に触発され、社会貢献できるグルメアプリ事業を立ち上げたテーブルクロス社長の城宝薫さん。起業当時、女子大生社長だった城宝さんはなぜ、途上国を支援する事業を始めたのでしょうか。
お祭りで日本を元気に、元美大生が挑む地方創生とは〈加藤優子〉

お祭りで日本を元気に、元美大生が挑む地方創生とは〈加藤優子〉

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。
〈前田裕二〉夢と熱量を持った人たちが報われ、より夢を輝かせられるような世界を作りたい

〈前田裕二〉夢と熱量を持った人たちが報われ、より夢を輝かせられるような世界を作りたい

今、最も注目されている若手起業家の一人である、SHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。前編では、人生の各ステージ毎の「お金」への価値観の変遷を伺いました。後編は仮想ライブ空間「SHOROOM」が目指す世界について伺っていきます。
〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

〈前田裕二〉SHOWROOM起業から今に至るまで、自分にとってお金は熱中の対価でしかない

仮想ライブ空間の中で誰もが無料でライブ配信&視聴ができるサービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社の代表・前田裕二さん。夢を追う人の努力が正当に報われるエンタメの仕組みを、人生をかけて世に問う生き様が話題を集めています。時代を切り拓く若手起業家にとって、「お金」とは?
起業家ポーカープレイヤー高橋_お金持ち男子はみんな優しい#15

起業家ポーカープレイヤー高橋_お金持ち男子はみんな優しい#15

矢島光さんは、「お金持ちになる」という志を立て、慶應義塾大学へ進学。卒業後はIT大手サイバーエージェントに就職し、その後、漫画家専業に就くという一風変わった経歴です。矢島さんが人生で出会った富裕層男子を描くゆるゆる連載、なんと、今度は勝負師(?)の世界へ?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部