2018年12月7日 更新

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7か月ぶりの増加)になりました。

gettyimages (26491)

2018.12.7

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

gettyimages (26498)

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。
全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7カ月ぶりの増加)になりました。
しかし、前年同月比では5.1%の減少となっており、前月比と前年同月比の両面から判断すれば、住宅市場のトレンドはすでに2017年初め~2018年春頃に天井を付けて、現在は天井からの下落が始まったばかりであると見ることができます。
ただし、米長期金利が3.2%台から3.0%前後まで下落しているので、このまま3.0%程度でもみ合いが続くようであれば、今後の数カ月は販売が上向く可能性がないというわけではありません。
中古住宅販売件数は2005年9月に725万戸を記録した後、2006年に減少が始まり、2007年には急減していった過去があるのですが、目下のところは2017年11月に581万戸とピークを打って、2018年に減少、2019年にも急減はなくても減少傾向は続く可能性が高いでしょう。
gettyimages (26502)

私は住宅取引の9割を占める中古住宅販売件数が米国経済を1年~2年先取りする指標として重視するべきであると考えておりますが、その他の指標でも市場の減速傾向は表れ始めてきています。
米商務省が11月20日に発表した10月の住宅着工件数は122.8万件と前月比で1.5%増となりましたが、天井だった2018年1月の133.4万件から8%程度少ない水準に落ち込んでいます。全米住宅建設業協会が11月19日に発表した11月の住宅市場指数は60と、2年3カ月ぶりの水準に低下しています。
米国の住宅市場では、指標の弱含みは一時的なもので2019年には再び上向くという見解が未だに多いものの、ようやくここ1~2カ月で、ピークを打ったと考える冷静な見方が拮抗してきているようです。その理由は、販売現場での客足が著しく減ってきているという現実が反映しているからです。
いずれにしても、住宅ローン金利の上昇と住宅価格の高騰が二重で市場の重荷となり続け、住宅販売はさらに減少する傾向が続くだろうと見ています。2019年は減速を警戒する年となるでしょう。
最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。
観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

「MaaS」への取り組みが日本でも本格的になってきました。本業に絡ませたユニークなMaaSを開発し新規事業に力を入れる企業が増えているなか、最近JTBもより効率的な観光の実現のため「観光型MaaS」を普及することを発表しました。
経済 |
バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットは現在、かつてないほどに投資に苦しんでいます。その内容というのは、バフェットがバークシャー・ハザウェイの株主に宛てている「株主への手紙」(手紙は1年に1度公表される)に示されています。
2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

3月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2019年の利上げ見通しが「ゼロ」となる見通しが示されました。市場の期待通りにFRBがハト派的な姿勢を示したにもかかわらず市場は落ち着きを見せていません。市場の不安定さの原因の一つが2月に報じられたグリーンスパン氏のコメントの中で見つけることができました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部