2018年12月7日 更新

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7か月ぶりの増加)になりました。

gettyimages (26491)

2018.12.7

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

gettyimages (26498)

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。
全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7カ月ぶりの増加)になりました。
しかし、前年同月比では5.1%の減少となっており、前月比と前年同月比の両面から判断すれば、住宅市場のトレンドはすでに2017年初め~2018年春頃に天井を付けて、現在は天井からの下落が始まったばかりであると見ることができます。
ただし、米長期金利が3.2%台から3.0%前後まで下落しているので、このまま3.0%程度でもみ合いが続くようであれば、今後の数カ月は販売が上向く可能性がないというわけではありません。
中古住宅販売件数は2005年9月に725万戸を記録した後、2006年に減少が始まり、2007年には急減していった過去があるのですが、目下のところは2017年11月に581万戸とピークを打って、2018年に減少、2019年にも急減はなくても減少傾向は続く可能性が高いでしょう。
gettyimages (26502)

私は住宅取引の9割を占める中古住宅販売件数が米国経済を1年~2年先取りする指標として重視するべきであると考えておりますが、その他の指標でも市場の減速傾向は表れ始めてきています。
米商務省が11月20日に発表した10月の住宅着工件数は122.8万件と前月比で1.5%増となりましたが、天井だった2018年1月の133.4万件から8%程度少ない水準に落ち込んでいます。全米住宅建設業協会が11月19日に発表した11月の住宅市場指数は60と、2年3カ月ぶりの水準に低下しています。
米国の住宅市場では、指標の弱含みは一時的なもので2019年には再び上向くという見解が未だに多いものの、ようやくここ1~2カ月で、ピークを打ったと考える冷静な見方が拮抗してきているようです。その理由は、販売現場での客足が著しく減ってきているという現実が反映しているからです。
いずれにしても、住宅ローン金利の上昇と住宅価格の高騰が二重で市場の重荷となり続け、住宅販売はさらに減少する傾向が続くだろうと見ています。2019年は減速を警戒する年となるでしょう。
最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部