2018年12月7日 更新

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7か月ぶりの増加)になりました。

gettyimages (26491)

2018.12.7

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

gettyimages (26498)

米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。
全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7カ月ぶりの増加)になりました。
しかし、前年同月比では5.1%の減少となっており、前月比と前年同月比の両面から判断すれば、住宅市場のトレンドはすでに2017年初め~2018年春頃に天井を付けて、現在は天井からの下落が始まったばかりであると見ることができます。
ただし、米長期金利が3.2%台から3.0%前後まで下落しているので、このまま3.0%程度でもみ合いが続くようであれば、今後の数カ月は販売が上向く可能性がないというわけではありません。
中古住宅販売件数は2005年9月に725万戸を記録した後、2006年に減少が始まり、2007年には急減していった過去があるのですが、目下のところは2017年11月に581万戸とピークを打って、2018年に減少、2019年にも急減はなくても減少傾向は続く可能性が高いでしょう。
gettyimages (26502)

私は住宅取引の9割を占める中古住宅販売件数が米国経済を1年~2年先取りする指標として重視するべきであると考えておりますが、その他の指標でも市場の減速傾向は表れ始めてきています。
米商務省が11月20日に発表した10月の住宅着工件数は122.8万件と前月比で1.5%増となりましたが、天井だった2018年1月の133.4万件から8%程度少ない水準に落ち込んでいます。全米住宅建設業協会が11月19日に発表した11月の住宅市場指数は60と、2年3カ月ぶりの水準に低下しています。
米国の住宅市場では、指標の弱含みは一時的なもので2019年には再び上向くという見解が未だに多いものの、ようやくここ1~2カ月で、ピークを打ったと考える冷静な見方が拮抗してきているようです。その理由は、販売現場での客足が著しく減ってきているという現実が反映しているからです。
いずれにしても、住宅ローン金利の上昇と住宅価格の高騰が二重で市場の重荷となり続け、住宅販売はさらに減少する傾向が続くだろうと見ています。2019年は減速を警戒する年となるでしょう。
最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。
経済 |
今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

私は「消費増税の時期は、その時の世界経済の状況や国内の所得環境によって決めるべきだ」という考えを持っています。そういった意味では、増税の景気に与える悪影響がいつも過大に喧伝されていることはおかしいと思っております。
Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookは6月18日、独自の仮想通貨「Libra」を2020年に発行する予定だと発表しましたが、その後世界中からの注目と共に、懸念や批判など厳しい声が相次いでいます。 さて、今後Libraはどう展開していくのでしょうか?
お金 |
欧米で広まる旅客機のサブスクリプションサービス!日本での導入は?

欧米で広まる旅客機のサブスクリプションサービス!日本での導入は?

話題の「サブスクリプション(定額制)サービス」ですが、欧米には「旅客機回数無制限乗り放題」の定額制サービスがあります。民間航空と提携したり、自前で小型機を保有したり、企業や個人所有のプライベートジェットを借りるなど、運航形態はさまざまです。
経済 |
ソフトバンクとトヨタのMaaSプロジェクトが高齢者ドライバーを救う?

ソフトバンクとトヨタのMaaSプロジェクトが高齢者ドライバーを救う?

悲惨な事故で注目された高齢者による自動車事故の問題を阻む大きな壁が、地方の交通事情です。「クルマがないと生きていけない」を「クルマを手放しても生きていける」に変えられる可能性を秘めた「MaaS」に、2018年9月にソフトバンクとトヨタ自動車が共同で設立た「モネ・テクノロジーズ(Monet Technologies)」が本命プロジェクトとして浮上しました。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部