2019年4月25日 更新

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。

2019.4.25
そんな絶妙な一石を社会に投じ続けている2人が、今度は私たちの身の回りに存在する「バカたち」について語り合いました。世の中にどれだけ「バカ」があふれているのか?「バカ」と付き合っているとどれだけ不毛な時間を過ごすことになるのか?過激で的確な指摘に期待しつつ、その内容に迫りたいと思います。

バカばっかりの環境に居続けるのはバカ!

「あなたがいま自由でないのなら、確実にバカと付き合っているから」。
いきなり堀江氏の過激な発言からスタートしましたが、これは自身の人生経験から導き出された結論。環境や付き合う人間を選べないと思い込んでしまうのはそれこそバカの思考であり、目の前の環境は唯一のものでないし、変えることができると訴えます。
そして、バカがいる環境から抜け出すために必要なのは、今の環境ではない場所にいる自分を想像すること。そして環境を運任せにせずに情報を集めることだといいます。読者の先入観を取り払ったところで、いよいよ2人は「こんなバカと付き合うな」というケースを紹介していきます。

我慢を美徳にしたがるバカ!

gettyimages (37045)

「昔から言われているから正しい」などと思い込み、いつの間にか我慢することが自分の中で美徳になってしまっている人物を堀江氏は「我慢厨」と呼び、バカ認定。しかも厄介なことに、自分が我慢しているだけならまだしも、彼らはしばしば同調圧力をかけてきます。
その理由は2つあり、ひとつは「自分は我慢しているのにあの人は我慢していない、不公平だ、ズルい」と頭の中でスライドして考えてしまっているから。そしてもうひとつは、彼らがストレスを溜めているから。「自分で勝手に我慢をしているのに他人にまで迷惑かけるなんてバカ以外の何でもないでしょ!」というのが堀江氏の主張ですが、これは納得する人が非常に多いのではないでしょうか?
今の時代に必要なのは、我慢できないほど「これをやりたい!」と欲望する、我慢とは真逆の力と結論付けています。

善意なら何でもありだと思っているバカ!

gettyimages (37048)

続いて西野氏が最もタチが悪いと思っているバカを紹介。それは「善意のバカ」。自分が良い事をしていると信じて疑わないために何を言っても耳を貸さない、つまり止めようのないバカだと言います。例えば、被災地に千羽鶴を送る行為は「迷惑を押し付けることになる」と指摘しても、「これは善意だから口出しされる筋合いはない」と開き直る人も。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部