2018年10月17日 更新

トヨタとソフトバンクが戦略提携!トヨタ社長の夢を語る力が経済を動かす

日本国内だけではなく世界でも人気の自動車メーカー「トヨタ自動車」は、なぜ「自動車不況」と呼ばれる現代でも圧倒的な業績を残し続けるのでしょうか。 今回は「トヨタ自動車」を牽引する代表取締役社長・執行役員社長を務める豊田家の第11代豊田章男の夢を語る力についてご紹介します。

2017年12月18日にグローバルなエコの潮流を受け、豊田章男は以下のような「夢」を会見で語りました。
「2030年までに世界中を水素カーが走り回っていることをお約束します!」
そう、豊田章男はトヨタの全車種に電動車の展開・エンジン専用車の廃止を発表したのです。
年間販売台数で言えば1000万台の超大規模自動車メーカーの自動車全てが水素カーになると、記者団の前で宣言をしてしまいました。この会見では記者団が騒然としたのはもちろんのこと、全社員が驚き、慌てふためいたと言います。

会見では、「無理だ」「ありえない」と言った怒号にも近い声が溢れかえりました。
確かにトヨタ全車種を水素カーに変えるなどというのは「ありえない」と言えるかもしれません。
しかし、これまで「ありえない」と言われてきたトヨタ自動車の業績V字回復。それからの過去最高益水準までの業績向上。賛否両論あったトヨタ車の米国販売は今やトヨタ自動車のメインの収益になりトヨタの経営基盤となっています。
この業績は全て「ありえない」と言われてきた問題や課題に、夢を語り、挑戦し続けてきた豊田章男がいたからこそだと言えるのです。

夢を掲げて行動することで自然と経済が動き出す

では豊田章男は「お金儲け」を考えて、これまで紹介したような「夢」を打ち出したのでしょうか。とてもそうだとは思えません。なぜなら大きなリスクが伴い、下手をすればトヨタ自動車は倒産をするかもしれない挑戦ばかりだからです。
豊田章男が焦点を当てるのは、「この世界がどうなれば理想的なのか」ということです。
それはつまり「夢」であり、それを語り、どれだけ難しくても実行するということで自然とお金や人が集まり出すのです。
エコロジーと車という一見両立が難しい二要素が両立した理想的な「水素カー」、経済的と車の所持を両立させたソフトバンクとの提携カーシェアリングサービス。
実現不可能に思える「ありえない」ことだからこそ、その「夢」を語ることが実現に繋がり、経済が動くのだと言えるでしょう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部