2018年9月2日 更新

イタリア旅行で電車のストライキに遭った話

イタリアといえばローマとベネチア?もちろんこの2つの都市は見逃せませんが、南部のナポリ近くにあるソレント半島も見どころの多いスポットです。たまたま遭遇した電車のストライキにめげず、途中までフェリーで移動。新しい発見があった旅の様子をお伝えします。

2018.9.2

旅の1日目でストライキに遭遇

イタリアのナポリからさらに南のソレント半島に行くと見逃せない観光スポットがいくつかあります。火山が爆発して灰で埋もれてしまったポンペイ遺跡、風光明媚なソレント、そして崖っぷちに美しい家が立ち並ぶアマルフィ海岸。この3つのスポットを1日で廻ろうと旅を計画したのですが、その時には、ポンペイとソレントにはナポリから電車で行き、ソレントからはバスでアマルフィ海岸に行くことにしていました。ところが当日はストライキで電車は動かないとのこと。まさか旅の1日目にストライキに出会うとは思ってもいませんでした。

電車がだめならフェリーで移動

どうしたものかと迷い駅員に聞いてみると「ポート」という答。そう、ポート、港だ!港からフェリーにのればソレントに行けることがわかったのです。ちなみにイタリアでは英語が通じる人が多いのでこの時も簡単な会話だけで港に行けば良いことがわかりました。
幸いなことに地下鉄はストライキをしていなかったので、地下鉄に飛び乗り、港近くの駅で下車し、そこから少し歩いて港へ。ゆっくり進むフェリーからはポンペイを灰で埋めてしまった火山ベスビオ山も見えました。そんな風景をながめながら1時間もするとソレント港に到着。

ソレント港から長い坂道を上る

下船してソレントの町がどこにあるのかと見渡しましたが町らしいものはみつかりません。仕方ないので近くにいたイタリア人に聞いてみると坂の方を指さしてあっちだと言うのです。見えるのは高台とそこに沿って登っていく長い坂。その長い坂の向こうに本当にソレントの町があるのだろうかと半信半疑で登り始めました。

階段を上がると突如現れたソレントの町

10分ぐらい登ったでしょうか。坂の終点に着きました。そこには高い崖が切り立っていて、一見行き止まりだと思ってしまいました。でもよく見ると崖の壁面には階段が付ついているではないですか。
前を歩いていた人が階段を登り始めました。ここを上がっていくしかないのか?と同じように上がっていくと、いきなり国旗がたなびき車や人が行きかう町が目の前に現れたのです!
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
中世イタリアのお城でバカンスを!城や修道院を改装したホテル&レストラン

中世イタリアのお城でバカンスを!城や修道院を改装したホテル&レストラン

ヨーロッパでは、中世に建てられた城や修道院が、現在もホテルやレストランとして数多く機能しています。内装はモダンに改装されているものの、石積みの壁がむき出しだったりと、当時の趣を楽しめます。自然に囲まれた環境で、心身共にリラックスした時間を過ごしませんか。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT
お金の教養講座