2018年9月2日 更新

イタリア旅行で電車のストライキに遭った話

イタリアといえばローマとベネチア?もちろんこの2つの都市は見逃せませんが、南部のナポリ近くにあるソレント半島も見どころの多いスポットです。たまたま遭遇した電車のストライキにめげず、途中までフェリーで移動。新しい発見があった旅の様子をお伝えします。

2018.9.2

旅の1日目でストライキに遭遇

イタリアのナポリからさらに南のソレント半島に行くと見逃せない観光スポットがいくつかあります。火山が爆発して灰で埋もれてしまったポンペイ遺跡、風光明媚なソレント、そして崖っぷちに美しい家が立ち並ぶアマルフィ海岸。この3つのスポットを1日で廻ろうと旅を計画したのですが、その時には、ポンペイとソレントにはナポリから電車で行き、ソレントからはバスでアマルフィ海岸に行くことにしていました。ところが当日はストライキで電車は動かないとのこと。まさか旅の1日目にストライキに出会うとは思ってもいませんでした。

電車がだめならフェリーで移動

どうしたものかと迷い駅員に聞いてみると「ポート」という答。そう、ポート、港だ!港からフェリーにのればソレントに行けることがわかったのです。ちなみにイタリアでは英語が通じる人が多いのでこの時も簡単な会話だけで港に行けば良いことがわかりました。
幸いなことに地下鉄はストライキをしていなかったので、地下鉄に飛び乗り、港近くの駅で下車し、そこから少し歩いて港へ。ゆっくり進むフェリーからはポンペイを灰で埋めてしまった火山ベスビオ山も見えました。そんな風景をながめながら1時間もするとソレント港に到着。

ソレント港から長い坂道を上る

下船してソレントの町がどこにあるのかと見渡しましたが町らしいものはみつかりません。仕方ないので近くにいたイタリア人に聞いてみると坂の方を指さしてあっちだと言うのです。見えるのは高台とそこに沿って登っていく長い坂。その長い坂の向こうに本当にソレントの町があるのだろうかと半信半疑で登り始めました。

階段を上がると突如現れたソレントの町

10分ぐらい登ったでしょうか。坂の終点に着きました。そこには高い崖が切り立っていて、一見行き止まりだと思ってしまいました。でもよく見ると崖の壁面には階段が付ついているではないですか。
前を歩いていた人が階段を登り始めました。ここを上がっていくしかないのか?と同じように上がっていくと、いきなり国旗がたなびき車や人が行きかう町が目の前に現れたのです!
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。
沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。
アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

観光には気候的に2月がベストと言われるカンボジアの世界遺産「アンコールワット遺跡群」。トリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス賞」で2017年と2018年、2年連続1位に輝きました。その人気がいったいどこにあるのか、アンコールワット遺跡群の魅力に迫ります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
富裕層が旅行に求めるものとは? 人気の旅先や移動時間の過ごし方

富裕層が旅行に求めるものとは? 人気の旅先や移動時間の過ごし方

富裕層がお金も時間も投資して楽しむ旅行。富裕層はどのような場所でどのような時間を過ごしているのでしょうか。 この記事は、富裕層の旅行ビジネスであるラグジュアリートラベルマーケットから、人気の旅行先の紹介、空港ラウンジの利用など移動時間の過ごし方を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT