2018年9月2日 更新

イタリア旅行で電車のストライキに遭った話

イタリアといえばローマとベネチア?もちろんこの2つの都市は見逃せませんが、南部のナポリ近くにあるソレント半島も見どころの多いスポットです。たまたま遭遇した電車のストライキにめげず、途中までフェリーで移動。新しい発見があった旅の様子をお伝えします。

2018.9.2

旅の1日目でストライキに遭遇

イタリアのナポリからさらに南のソレント半島に行くと見逃せない観光スポットがいくつかあります。火山が爆発して灰で埋もれてしまったポンペイ遺跡、風光明媚なソレント、そして崖っぷちに美しい家が立ち並ぶアマルフィ海岸。この3つのスポットを1日で廻ろうと旅を計画したのですが、その時には、ポンペイとソレントにはナポリから電車で行き、ソレントからはバスでアマルフィ海岸に行くことにしていました。ところが当日はストライキで電車は動かないとのこと。まさか旅の1日目にストライキに出会うとは思ってもいませんでした。

電車がだめならフェリーで移動

どうしたものかと迷い駅員に聞いてみると「ポート」という答。そう、ポート、港だ!港からフェリーにのればソレントに行けることがわかったのです。ちなみにイタリアでは英語が通じる人が多いのでこの時も簡単な会話だけで港に行けば良いことがわかりました。
幸いなことに地下鉄はストライキをしていなかったので、地下鉄に飛び乗り、港近くの駅で下車し、そこから少し歩いて港へ。ゆっくり進むフェリーからはポンペイを灰で埋めてしまった火山ベスビオ山も見えました。そんな風景をながめながら1時間もするとソレント港に到着。

ソレント港から長い坂道を上る

下船してソレントの町がどこにあるのかと見渡しましたが町らしいものはみつかりません。仕方ないので近くにいたイタリア人に聞いてみると坂の方を指さしてあっちだと言うのです。見えるのは高台とそこに沿って登っていく長い坂。その長い坂の向こうに本当にソレントの町があるのだろうかと半信半疑で登り始めました。

階段を上がると突如現れたソレントの町

10分ぐらい登ったでしょうか。坂の終点に着きました。そこには高い崖が切り立っていて、一見行き止まりだと思ってしまいました。でもよく見ると崖の壁面には階段が付ついているではないですか。
前を歩いていた人が階段を登り始めました。ここを上がっていくしかないのか?と同じように上がっていくと、いきなり国旗がたなびき車や人が行きかう町が目の前に現れたのです!
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

太平洋側の各地ではもうすぐ蒸し暑い夏の到来。でも日本海側ではカラッとした過ごしやすい季節になります。この時期、新潟県長岡市では「長岡まつり」が、そして上越市では「上越蓮まつり」が開催されます。そんなイベントに併せた周辺の観光スポットとグルメをご紹介します。
ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

「バルト三国」はヨーロッパ北部にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの3国の総称です。 3国間の移動がしやすく、治安も良い、食事も美味しいおすすめ観光地として注目されています。そんな中世の趣が残るバルト3国の、おすすめ観光スポットを紹介します。
10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

今年の10日間のGWには、5泊もしくは6泊かけて四国1周を車で回ってみるのはどうでしょう。四国は海に囲まれていますが、内陸には険しい山岳地帯もあり、また歴史の長い建物もあります。見所の多い四国1周ドライブの旅。おすすめの観光スポットと各県の郷土料理をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT