2017年7月12日 更新

かわいいお金には旅をさせよ?! 私が考えるお金の育て方

ライフプランニング、資産運用アドバイスを専門とするファイナンシャルプランナーとして活躍するカン・チュンドさんが、導き出した、お金の哲学はまるで子育てのよう。リスクを恐れるあまりにお金を過保護に扱っていませんか? あなたの人生の夢を叶えるためにお金を育てましょう。

2015.3.28
2011年2月20日(日)開催される「ファイナンシャルアカデミーお金の教養」フェスティバル。
豪華講師陣を迎えてのイベントでどんな講演が行われるのか。開催前に講師陣にインタビューを行った。
お金の教養フェスティバル http://www.f-academy.jp/page/festival.html
2011年2月20日(日)13:00~17:40@東京・両国国技館
講師:竹中平蔵氏、古田 敦也氏、カン・チュンド氏、泉正人、橋本顕愛
司会:若林史江

「お金」について考えるようになったきっかけは?

恥ずかしながら、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ろうと決意したときからです。20代の頃は不動産の営業の仕事をしていたのですが、お金についてはまったく考えていませんでした。当時は契約が取れると年齢に不相応な収入が入ってきたりしたのですが、会社の同僚と夜な夜な街に繰り出し、大切なお金は遊興費となって消えていってしまったのです・・。

まずどんなことから取り組みましたか?

身の丈に合った生活をする、ということから始めました。恥ずかしながら、まずは収入の範囲で支出をコントロールすることに 取り組んだのです。そして、銀行で「つみたて定期」を始めました。 FPの勉強をする中で、毎月決まった日に、決まった金額を引き落として くれる「つみたて定期」なら、必ずお金が貯められると感じました。 これはやっている人なら分かると思うのですが、「最初からないお金」と 思えるのです。まさに「塵も積もれば山となる」を実感した次第です。

学ぶことで見えてきたことは

お金は、こちらが大切に扱えば、それに応えてくれるのだと感じました。また、資産運用を始めてからは、自分とお金の距離が近すぎるのは 必ずしもよいことではないと思うようになりました。なんと言いますか、 お金が自分のそばに在ると、安心感はあり、減る心配はないのですが、 お金の潜在可能性を十分に引き出すことができないのです。試行錯誤を重ねる中で、わたしは自分のお金を次のように定義するように なりました。

・わたしのお金はわたしのために働こうとする。
・外に出て行く。
・そして、自ら成長しようとする・・。

これから本格的に学びたいと思った人にアドバイスを

どんな人も、お金との関わりなしに生きていくことはできません。死ぬまで付き合い続けるお金ですから、一度、皆さんからお金に 働きかけを行ってみてはいかがでしょうか・・。たとえば、「使う」お金は、ほんとうにそう願っているのか。 あるいは「貯める」お金は、ほんとうにそれを望んでいるのか。また、お金を「殖やす」「育てる」ということは、 お金の潜在可能性をどうすることなのか・・。ちょっと哲学的ですが、お金と真摯に向き合うことが最初の一歩 だと思います。

「お金の教養フェスティバル」でどんなことを話す予定ですか?

初心者の方にも始めやすい運用のしかたについてお話します。ポイントはふたつです。どんな道具を選び、そしてどんなふうに投資を行っていけばよいのか。投資信託というツールと、つみたてという投資方法を軸に、毎月1000円から始められるカンタン投資について解説します。

来場予定者に一言

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈奥山泰全〉赤字会社を1ヶ月で黒字化し上場させた社長の「Don't stop」

〈奥山泰全〉赤字会社を1ヶ月で黒字化し上場させた社長の「Don't stop」

赤字続きだった会社を、社長就任の翌月には黒字化させ、さらに上場へと導いた奥山泰全氏。外貨取引サービスを提供するマネーパートナーズグループの代表取締役社長です。人生を振り返り、企業を成長させ続ける秘訣や、「カスタマーファースト」「お金」について語っていただきました。
エンジェル投資家は、リターンよりロマンを求める

エンジェル投資家は、リターンよりロマンを求める

「人生の時間を倍に増やしたくて」起業し、現在は「エンジェル投資家」として、起業への最初の一歩を踏み出す人への支援をしている西川さんに、夢とロマンがいっぱいの「エンジェル投資家」としての生き方について、聞きました。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

学生時代に起業したグルメアプリ事業、利益を上げながら社会貢献するワケ〈城宝薫〉

海外で目にした開発途上国の子どもたちと、米国のNPO団体に触発され、社会貢献できるグルメアプリ事業を立ち上げたテーブルクロス社長の城宝薫さん。起業当時、女子大生社長だった城宝さんはなぜ、途上国を支援する事業を始めたのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部