2019年3月6日 更新

オープンスペースのオフィスで業務効率を上げる5つのヒント

相互作用を促進するためのオープンスペース。しかし、実際の調査では生産性の向上よりも、無駄が多いことが判明しています。より機能性の高いオフィスの構築のための5つの秘訣を、社会学の専門家たちが語りました。

gettyimages (31730)

2019.2.26

時間の浪費を助長する「オープンスペース」

gettyimages (31732)

ボストン・コンサルティング・グループのある研究によれば、オフィスで働く人の70パーセントがオープンスペースで仕事をしています。ところが、そのうちの58パーセントはオープンスペースで仕事をすることで注意が散漫になり、最大で1日86分も時間を無駄にしていることが明らかになりました。

チームとして機能する社員たちのオープンスペースは、機動性と相互作用の促進のために非常に有効といわれてきました。しかし、注意散漫になるという欠点が、常々問題となってきたのです。

それでは、チームの集中力を維持し生産性を向上させるにはどのようなアイデアが必要なのでしょうか。

生産性を向上させるオープンスペースのアイディア5つ

gettyimages (31737)

① 時間を意識させるためにタイマーやチャイムを使用する

人間の脳や体は長時間の集中には耐えられないという性質があります。集中力を上げるための理想的な時間割は、45分から50分の仕事の後に15分の休憩を入れることという説もあり。
つまり、集中力は筋肉のようなものであり、それを最大限に発揮させるには回復のための時間が必要というわけです。
そのために、オフィスには否応なしに社員たちの精神と肉体を回復させるための休憩時間を告げるチャイムやタイマーを用いる。コンサルタント会社のCEOサブリナ・トスカーニは、これは非常に有効な手段と訴えています。

② 飲み物のコーナーにはコーヒーより水を設置する

トスカーニ女史は、もう一つ非常に興味深い提案をしています。それが「水分補給」。
我々の脳の80パーセントは水分です。水分の補給を怠るということは、脳への燃料がじゅうぶんに送られていないということになるのです。実際、水分を補給していないとオフィスでの機能は15パーセントも低下するという研究結果もあります。
社員たちがなんとなく元気がない、そんなときはまず水分補給が最重要事項です。それと同時に、深呼吸も忘れずに行いましょう。酸素も、脳を活性化させるための非常に重要な要素であるためです。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

大手企業で導入しているビジネスゲーム研修を知っていますか。その1fつであるコンセンサスゲームは、月や無人島での極限状態を想定し、チーム全員のコンセンサス(意見の一致)を得て、困難を乗越えるゲームです。この研修で強化できるビジネススキルは様々です。
人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

人を惹きつける話し方でスピーチを成功させる7つのルール

「言葉の力」で人を率いるリーダーを目指すなら、「スピーチ」はとても大事です。信頼を勝ち取れるようなスピーチを行うためのヒントになる「1分間に300字がおさまるように話しなさい」などの「NHK式7つのルール」を紹介します。
有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
ネットショップ開業するには アイデアと才覚次第で繁盛店になれる

ネットショップ開業するには アイデアと才覚次第で繁盛店になれる

ネット通販サイトは、特にITを勉強しなくても開店でき、自宅を事務所兼倉庫にすれば維持費を月数万円程度に抑えることも可能です。店舗運営を助けるASPサービスも豊富で、個人でもアイデアと才覚次第で「繁盛店」になれます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子