2019年3月6日 更新

オープンスペースのオフィスで業務効率を上げる5つのヒント

相互作用を促進するためのオープンスペース。しかし、実際の調査では生産性の向上よりも、無駄が多いことが判明しています。より機能性の高いオフィスの構築のための5つの秘訣を、社会学の専門家たちが語りました。

gettyimages (31730)

2019.2.26

時間の浪費を助長する「オープンスペース」

gettyimages (31732)

ボストン・コンサルティング・グループのある研究によれば、オフィスで働く人の70パーセントがオープンスペースで仕事をしています。ところが、そのうちの58パーセントはオープンスペースで仕事をすることで注意が散漫になり、最大で1日86分も時間を無駄にしていることが明らかになりました。

チームとして機能する社員たちのオープンスペースは、機動性と相互作用の促進のために非常に有効といわれてきました。しかし、注意散漫になるという欠点が、常々問題となってきたのです。

それでは、チームの集中力を維持し生産性を向上させるにはどのようなアイデアが必要なのでしょうか。

生産性を向上させるオープンスペースのアイディア5つ

gettyimages (31737)

① 時間を意識させるためにタイマーやチャイムを使用する

人間の脳や体は長時間の集中には耐えられないという性質があります。集中力を上げるための理想的な時間割は、45分から50分の仕事の後に15分の休憩を入れることという説もあり。
つまり、集中力は筋肉のようなものであり、それを最大限に発揮させるには回復のための時間が必要というわけです。
そのために、オフィスには否応なしに社員たちの精神と肉体を回復させるための休憩時間を告げるチャイムやタイマーを用いる。コンサルタント会社のCEOサブリナ・トスカーニは、これは非常に有効な手段と訴えています。

② 飲み物のコーナーにはコーヒーより水を設置する

トスカーニ女史は、もう一つ非常に興味深い提案をしています。それが「水分補給」。
我々の脳の80パーセントは水分です。水分の補給を怠るということは、脳への燃料がじゅうぶんに送られていないということになるのです。実際、水分を補給していないとオフィスでの機能は15パーセントも低下するという研究結果もあります。
社員たちがなんとなく元気がない、そんなときはまず水分補給が最重要事項です。それと同時に、深呼吸も忘れずに行いましょう。酸素も、脳を活性化させるための非常に重要な要素であるためです。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。
リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラル採用が活発化!そのメリットと利用するときの注意点

リファラルとは「紹介」を意味し、リファラル採用とは「人材会社を介さず、社員に紹介してもらった人で採用活動をすること」を指します。特筆すべきは、紹介者の社員へのインセンティブ以外の費用はほぼ発生しないことですが、リファラル採用には他にもメリットがあります。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子