2019年3月6日 更新

オープンスペースのオフィスで業務効率を上げる5つのヒント

相互作用を促進するためのオープンスペース。しかし、実際の調査では生産性の向上よりも、無駄が多いことが判明しています。より機能性の高いオフィスの構築のための5つの秘訣を、社会学の専門家たちが語りました。

gettyimages (31730)

2019.2.26

時間の浪費を助長する「オープンスペース」

gettyimages (31732)

ボストン・コンサルティング・グループのある研究によれば、オフィスで働く人の70パーセントがオープンスペースで仕事をしています。ところが、そのうちの58パーセントはオープンスペースで仕事をすることで注意が散漫になり、最大で1日86分も時間を無駄にしていることが明らかになりました。

チームとして機能する社員たちのオープンスペースは、機動性と相互作用の促進のために非常に有効といわれてきました。しかし、注意散漫になるという欠点が、常々問題となってきたのです。

それでは、チームの集中力を維持し生産性を向上させるにはどのようなアイデアが必要なのでしょうか。

生産性を向上させるオープンスペースのアイディア5つ

gettyimages (31737)

① 時間を意識させるためにタイマーやチャイムを使用する

人間の脳や体は長時間の集中には耐えられないという性質があります。集中力を上げるための理想的な時間割は、45分から50分の仕事の後に15分の休憩を入れることという説もあり。
つまり、集中力は筋肉のようなものであり、それを最大限に発揮させるには回復のための時間が必要というわけです。
そのために、オフィスには否応なしに社員たちの精神と肉体を回復させるための休憩時間を告げるチャイムやタイマーを用いる。コンサルタント会社のCEOサブリナ・トスカーニは、これは非常に有効な手段と訴えています。

② 飲み物のコーナーにはコーヒーより水を設置する

トスカーニ女史は、もう一つ非常に興味深い提案をしています。それが「水分補給」。
我々の脳の80パーセントは水分です。水分の補給を怠るということは、脳への燃料がじゅうぶんに送られていないということになるのです。実際、水分を補給していないとオフィスでの機能は15パーセントも低下するという研究結果もあります。
社員たちがなんとなく元気がない、そんなときはまず水分補給が最重要事項です。それと同時に、深呼吸も忘れずに行いましょう。酸素も、脳を活性化させるための非常に重要な要素であるためです。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。
ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。
リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。
ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。
出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子