2019年1月7日 更新

女性にとっての理想の上司とは?

まず、女性の部下にとって、男性の上司というのはれっきとした「異性」です。 ということは、男性の好みと上司の好みに果たして共通点はあるのか、とは気になるところ。

gettyimages (28163)

2019.1.7

理想の上司は理想の結婚相手?

gettyimages (28164)

まず、女性の部下にとって、男性の上司というのはれっきとした「異性」です。
ということは、男性の好みと上司の好みに果たして共通点はあるのか、とは気になるところ。
ある女性に言わせると、そこにはやはり共通点があるのだそう。彼女の結婚相手として重視するのは、仕事ができることで、それを妻として陰ながら支えるのが理想なのだとか。そして、理想の上司像も、やはり仕事ができること。仕事ができて人望の厚い上司を陰でサポートすることに仕事としてやりがいを感じる、というのです。
仕事上であれ、プライベートであれ、付き合いたいと思う相手は、まず「人間として尊敬できるか」ということが根底にあります。理想の上司が果たして理想の結婚相手かというと極論すぎますが、両方のタイプが同じベクトルであることは確かではないでしょうか。
では、見た目は?というと、上司はかっこいいに越したことはありませんが、それより器のほうが大切なようです。「女性を部下にするなら、美人のほうがうれしいか」と、自分自身で思い起こしてみてください。「美人に越したことはないけれど、仕事のスキルや人間性、自身との相性の方が大切」と思いませんか?

女性はなにげない「不公平」と「妥協」に敏感

gettyimages (28166)

複数の女性と仕事を共にするときは、普段の会話やなにげない行動を徹底的に公平にすることに心がけるべきです。
たとえば、私より、若いあの子のほうが、資料作成を頼むときの説明の仕方にやさしさがこもっている。私より、美人のあの人のほうが、「ありがとう」の声のトーンが高い、など、自分のなにげない行動が、見た目による不公平さととられてしまうことがあります。
もしかすると、これらは女性側の勝手な「深読み」かもしれません。けれど、こうした小さな「不公平」が後に上司への反抗となって表れたり、女性同士の仁義なき戦いに発展したりするのです。
もうひとつはなにげない「妥協」です。頼んでいた製作資料を仕上げて、部下が持ってきたとき。ここで、できあがった資料が最初にイメージしていたものと違っていたり、完成度の低いものだったりしたら、あなたはどうするでしょうか。「これ以上こまごま指示するより、自分でやったほうが早い」。そう思って、やり直しさせない人も多いのではないでしょうか。「これで十分だよ、ありがとう」と最大限の笑顔をつくって、何食わぬ顔で言うことでしょう。
でも、女性はあなたが最初のページをめくったときの、一瞬の表情の曇りをしっかり見ています。その一瞬の表情の変化から「ああ、期待に添えていなかったのだ」とすべてを悟っているのです。しかも、上司が決して満足していないのを悟りながら、やり直しをさせられないということは、「これ以上、期待していないからもういいよ」と宣告されていると受け取ります。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子