2019年2月2日 更新

目標達成のコツ!行動経済学にみる挫折しない目標の立て方

1年の始まりに目標を立てたり、新しく何かに取り組む方は多いことと思います。最初は張り切っていても、だんだんと目標達成の道のりが遠のき、挫折することも多いもの。その原因の解決法、1年間を乗り越えるヒントが行動経済学にあります。

Document Paper Business · Free photo on Pixabay (29458)

2019.2.2

行動経済学で目標達成をスムーズに

Plan Objective Strategy · Free photo on Pixabay (29452)

資格の取得、夢に向けた目標など、誰しも達成したいことが一つはあるでしょう。目標は最初に立てた段階から実行を重ね、達成に近づくほど内容が具体的になっていくはずです。
初期の段階から計画をしっかり立て、スケジュールをイメージすることは有効です。しかし、初期の頃にはなんとなくのイメージで走り出してしまい、途中で放棄して挫折(計画の延期)をすることも少なくありません。
挫折しないために、行動経済学の法則を知っておくことは、目標達成への近道になります。

そもそも、目標を達成できないのは怠けているからではなく、計画を楽観視しすぎていることに原因があります。
人間は、時間や予算などを過小評価する傾向があり、これを行動経済学では「計画錯誤バイアス」と呼びます。

ビジネスの現場でも、プロジェクトの完遂までに、予想以上に時間や予算がオーバーしてしまった経験は誰しもあるはずです。
「このままでは達成できない」とあえて緊張感や危機感を持つことも、時には有効です。とりわけ時間に関しては、予想に反して大幅に遅れる事例が多いのです。
ポイントは、時間を多めに見積もることよりも、遅れないように時間管理を徹底すること。多めに見積もっても、「まだこれだけの時間がある」とリミットが先延ばしされるだけです。

時間は短ければ短いほど管理が楽です。「今日は時間オーバーしてしまったから、明日で挽回しよう」などと、短期間での修復が可能なのです。

「現在志向」のクセを理解する

Concept Man Papers · Free photo on Pixabay (29457)

先の未来よりも現在を優先するのが人間のクセです。行動経済学では「現在志向バイアス」と言い、さまざまな指標に利用される行動パターンとして知られています。

貯金をしようと決意しても、結局今月も使い果たしてしまい、来月から始めようと意気込む、これを繰り返すのと同じです。目の前のケーキに目がくらんで、ダイエットがなかなか始まらないのも、これに当てはまります。
ここでも大切なのは、今を優先したり、目先の利益を追い求める傾向がある、という自分のクセを理解しておくこと。知っているのといないのとでは、後々大きな差を生むかもしれません。

この傾向を利用する方法としては、大きな年間目標を立て、それに合わせた月間目標を決める。では、達成するために今日やるべきことは?と逆算する考え方です。
1日単位の小さな目標であれば、クリアするのもそれほど苦ではないはずです。それが達成できない日が何日も続くようであれば、目標が高すぎるという認識もできます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長谷川 チエ 長谷川 チエ