2019年2月2日 更新

目標達成のコツ!行動経済学にみる挫折しない目標の立て方

1年の始まりに目標を立てたり、新しく何かに取り組む方は多いことと思います。最初は張り切っていても、だんだんと目標達成の道のりが遠のき、挫折することも多いもの。その原因の解決法、1年間を乗り越えるヒントが行動経済学にあります。

Document Paper Business · Free photo on Pixabay (29458)

2019.2.2

行動経済学で目標達成をスムーズに

Plan Objective Strategy · Free photo on Pixabay (29452)

資格の取得、夢に向けた目標など、誰しも達成したいことが一つはあるでしょう。目標は最初に立てた段階から実行を重ね、達成に近づくほど内容が具体的になっていくはずです。
初期の段階から計画をしっかり立て、スケジュールをイメージすることは有効です。しかし、初期の頃にはなんとなくのイメージで走り出してしまい、途中で放棄して挫折(計画の延期)をすることも少なくありません。
挫折しないために、行動経済学の法則を知っておくことは、目標達成への近道になります。

そもそも、目標を達成できないのは怠けているからではなく、計画を楽観視しすぎていることに原因があります。
人間は、時間や予算などを過小評価する傾向があり、これを行動経済学では「計画錯誤バイアス」と呼びます。

ビジネスの現場でも、プロジェクトの完遂までに、予想以上に時間や予算がオーバーしてしまった経験は誰しもあるはずです。
「このままでは達成できない」とあえて緊張感や危機感を持つことも、時には有効です。とりわけ時間に関しては、予想に反して大幅に遅れる事例が多いのです。
ポイントは、時間を多めに見積もることよりも、遅れないように時間管理を徹底すること。多めに見積もっても、「まだこれだけの時間がある」とリミットが先延ばしされるだけです。

時間は短ければ短いほど管理が楽です。「今日は時間オーバーしてしまったから、明日で挽回しよう」などと、短期間での修復が可能なのです。

「現在志向」のクセを理解する

Concept Man Papers · Free photo on Pixabay (29457)

先の未来よりも現在を優先するのが人間のクセです。行動経済学では「現在志向バイアス」と言い、さまざまな指標に利用される行動パターンとして知られています。

貯金をしようと決意しても、結局今月も使い果たしてしまい、来月から始めようと意気込む、これを繰り返すのと同じです。目の前のケーキに目がくらんで、ダイエットがなかなか始まらないのも、これに当てはまります。
ここでも大切なのは、今を優先したり、目先の利益を追い求める傾向がある、という自分のクセを理解しておくこと。知っているのといないのとでは、後々大きな差を生むかもしれません。

この傾向を利用する方法としては、大きな年間目標を立て、それに合わせた月間目標を決める。では、達成するために今日やるべきことは?と逆算する考え方です。
1日単位の小さな目標であれば、クリアするのもそれほど苦ではないはずです。それが達成できない日が何日も続くようであれば、目標が高すぎるという認識もできます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |
FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

FRBが2019年に入り利上げを停止したことで、実際に米国の景気は大きく下支えされています。現在も過去も不動産(とくに住宅)は景気拡大のエンジン役を果たしていますが、利上げの停止によって米国の長期金利はいっそう下がり、住宅ローン金利も下がったので、下降の傾向にあった住宅関連指標が総じて持ち直してきているのです。
タリフマンとイールドカーブの本質

タリフマンとイールドカーブの本質

自称タリフマン(関税の男)ことトランプ大統領の言動と米国のイールドカーブが逆イールドになったというニュースが繰り返され米国の景気後退という悲観論が台頭していますが本当でしょうか。記事に流されず冷静にきちんと分析する必要がありそうです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長谷川 チエ 長谷川 チエ