2019年2月2日 更新

目標達成のコツ!行動経済学にみる挫折しない目標の立て方

1年の始まりに目標を立てたり、新しく何かに取り組む方は多いことと思います。最初は張り切っていても、だんだんと目標達成の道のりが遠のき、挫折することも多いもの。その原因の解決法、1年間を乗り越えるヒントが行動経済学にあります。

Document Paper Business · Free photo on Pixabay (29458)

2019.2.2

行動経済学で目標達成をスムーズに

Plan Objective Strategy · Free photo on Pixabay (29452)

資格の取得、夢に向けた目標など、誰しも達成したいことが一つはあるでしょう。目標は最初に立てた段階から実行を重ね、達成に近づくほど内容が具体的になっていくはずです。
初期の段階から計画をしっかり立て、スケジュールをイメージすることは有効です。しかし、初期の頃にはなんとなくのイメージで走り出してしまい、途中で放棄して挫折(計画の延期)をすることも少なくありません。
挫折しないために、行動経済学の法則を知っておくことは、目標達成への近道になります。

そもそも、目標を達成できないのは怠けているからではなく、計画を楽観視しすぎていることに原因があります。
人間は、時間や予算などを過小評価する傾向があり、これを行動経済学では「計画錯誤バイアス」と呼びます。

ビジネスの現場でも、プロジェクトの完遂までに、予想以上に時間や予算がオーバーしてしまった経験は誰しもあるはずです。
「このままでは達成できない」とあえて緊張感や危機感を持つことも、時には有効です。とりわけ時間に関しては、予想に反して大幅に遅れる事例が多いのです。
ポイントは、時間を多めに見積もることよりも、遅れないように時間管理を徹底すること。多めに見積もっても、「まだこれだけの時間がある」とリミットが先延ばしされるだけです。

時間は短ければ短いほど管理が楽です。「今日は時間オーバーしてしまったから、明日で挽回しよう」などと、短期間での修復が可能なのです。

「現在志向」のクセを理解する

Concept Man Papers · Free photo on Pixabay (29457)

先の未来よりも現在を優先するのが人間のクセです。行動経済学では「現在志向バイアス」と言い、さまざまな指標に利用される行動パターンとして知られています。

貯金をしようと決意しても、結局今月も使い果たしてしまい、来月から始めようと意気込む、これを繰り返すのと同じです。目の前のケーキに目がくらんで、ダイエットがなかなか始まらないのも、これに当てはまります。
ここでも大切なのは、今を優先したり、目先の利益を追い求める傾向がある、という自分のクセを理解しておくこと。知っているのといないのとでは、後々大きな差を生むかもしれません。

この傾向を利用する方法としては、大きな年間目標を立て、それに合わせた月間目標を決める。では、達成するために今日やるべきことは?と逆算する考え方です。
1日単位の小さな目標であれば、クリアするのもそれほど苦ではないはずです。それが達成できない日が何日も続くようであれば、目標が高すぎるという認識もできます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長谷川 チエ 長谷川 チエ