2018年12月23日 更新

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。

gettyimages (27448)

2018.12.23

サイボーグとロボットの違いとは?

gettyimages (27454)

メルティンMMIはこれらのものを研究開発しています。
・生体信号を利用した医療機器
・アバターロボット
・脳と機械をつなぐインターフェース(BMI)
・「義体」などのサイボーグ技術
そもそもサイボーグとロボットの違いは何でしょうか。
ロボット情報サイト「ロボスタ」に掲載されたインタビューから、「粕谷氏の捉えるロボットとサイボーグの違い」を引用します。
編集部
“サイボーグとロボットの具体的な違いはどのように捉えればよいでしょうか。”
粕谷氏
“人間主体のものがサイボーグ、そうでない完全に機械のものがロボットだと思っています。ハードウェアとしてはサイボーグは人とロボットの中間に位置づけられ、状況に応じて人のように柔らかくしなやかな動きと機械のような高速で正確な動きを選択できることが特徴だと考えています。”
ロボットはソフトバンクのPepper君のように自動的に動作するもので、サイボーグは人体と一体化して動作するものと定義しています。サイボーグには、医療サイボーグや人が装着してパワーアップを図るスーパーマン・サイボーグなどがあります。

MELTANT-α CAPABILITIES

この動画の遠隔操作ロボは、粕谷氏の第一のビジョン「場所からの解放」への足掛かりになっています。人がグローブをはめて動作した通りに、繊細な動きを再現するこの技術は、将来機械の身体を介して地球の裏側で作業をおこなうことが可能になることを示唆しています。
「身体を選択する未来」もメルティンの掲げるビジョンです。
ハンダ付けなど「もう一本手があったら便利だな」と思う作業には、ロボットハンドが「第3の手」として手を貸す世界を提唱しています。人間は腕2本脚2本という制約を超越し、人間の可能性を拡張するという考え方です。
「思考による通信」といった革新も目指しています。現在のコミュニケーション手段である言語や音声、文字を超越して、人間が脳から発する「生体信号」をキャッチしておこなう交流を実現します。
どれも近未来的SF映画でしか見たことがないようなテクノロジーで、メルティンが実現を目指す「サイボーグによる人間の可能性の拡張」につながるものです。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

Life is Tech!でIT教育を受ける中高生がいますごい

小学校での必修化決定後、キッズプログラミングスクールは雨後の筍のように乱立状態。どこが良いのか判断も難しいですよね。そんな折、長男の友人が遊びに来てLife is Tech!(以下LIT)を紹介していきました。LITパーカーを普段着する彼はあまりにも嬉々としていたので、調べてみました。
〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

「宇宙とお⾦」をテーマに、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺う第2弾です。
〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

「宇宙とお⾦」というテーマで、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺いました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部