2019年9月2日 更新

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。

2019.9.2

手帳でのタスク管理の方法その1:網羅性の高いリストを作成する

手帳でタスク管理をする方法で最も大切なポイントは、最初に網羅性の高いToDoリストを作成することです。

・ToDoリストを作らないリスク

仕事であれ、プライベートであれ、やるべきこと、やりたいことが多くある時、ずっと頭の中でそれらのことを漠然と考えているのは御法度です。常に頭の中にやるべきことがモヤモヤとあると、忙しいのに面倒臭いな、疲れているのに億劫だな、という負の感情が頭をもたげ、モチベーションが下がりやすくなるものです。

その上、億劫なことをイメージし続けると脳自体が疲労してしまい、仕事のパフォーマンス・生産性が落ちる原因ともなり得ます。また、タスクのヌケが頻発するリスクも高まります。

・ToDoリスト作成の仕方

ToDoリストの作成自体は、手書きのメモであれ、スマホアプリなどのメモ機能であれ、網羅性が高ければ何を使っても構いません。ただし、当該タスクが完了したらチェック印を付けたり、上書き線で消せたりするものであることが望ましいですね。

タスク完了時に、そのタスクごと消去する方がいます。特にデジタルツールを用いてToDoリストを作成する方に多い印象ですが、これはオススメできません。達成感を視覚的に感じられなくなってしまうためです。

・ToDoリストの欠点を手帳でカバー

ToDoリストの最大の問題は、タスクを処理するPriority(優先順位)が可視化し難いことです。このため、ToDoリストで処理すべきタスクを漏れなく洗い出した後は、いつ処理するかをスケジュール管理している手帳に落とし込みながら、Priority付けする方法を採ります。

手帳でのタスク管理の方法その2:ToDoリストを手帳に落とし込む

gettyimages (46066)

網羅性の高いToDoリストを作成したら、各々のタスクを手帳の毎日のスケジュールとして落とし込んでゆきます。

・ToDoリストを手帳に落とし込むタイミング

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部