2018年10月12日 更新

時間に追われるあなたへ 充実した「今」が手に入るブレインノートのすすめ

はかどらない予定に追われて、肝心の「今」に注力できない人におすすめなのが、日々の気がかりを整理してくれるブレインノートです。来年の手帳を買うときは新しいノートも1冊用意して、最初のページに「Brain」(脳)と書いてみませんか?

Writing About Something · Free photo on Pixabay (22685)

2018.10.12

日々の気がかりを整理する

gettyimages (22687)

蛍光マーカーで目立たせた「やりたいことリスト」、増え続けるTO DOリスト。どちらも、いつの間にか飽和状態になりがちですね。作業がはかどらないのはスケジュール管理がヘタだからではなく、実は乗り気じゃない自分に気がついていないだけかもしれません.。
やりたいことリストは、あらためて読んでもワクワクするでしょうか。TO DOリストは、本当にやらなければいけないことでしょうか。ときには、いさぎよく削除すべき項目もあります。
さて問題は、ちゃんとした必要性があるにもかかわらず放置されている項目です。このような「気がかり」は、ブレインノートに箇条書きすることで、いったん頭の外へ出してしまいましょう。
なぐり書きでかまいませんし、書いた内容を覚えておく必要もありませんが、はかどっていない原因(と思われること)を付け加えるのを忘れずに。
また、感情を吐き出すためではないので、簡潔な箇条書きにこだわってください。長々と書いてしまうと、夜中に書いたラブレターのようで読み返すのがイヤになります。
ブレインノートは「今」を実感するための外部記憶。いわば新しい脳です。いったんノートに気がかりをゆだねたら、あとは今すぐにできる行動とストレスを感じない作業に集中してください。

気がかりを可視化して現状を把握する

Notebook Write Notes Writing · Free photo on Pixabay (22689)

1日に数回ノートを開いて中身を眺めてみます。可視化された自分のモヤモヤを読み直すと、不思議とすんなり行動に移せるようになっているものと、腰が引けてしまうものにハッキリわかれるはずです。
後者については、本当の原因(本音)を追求する必要があります。ネガティブな記憶が生み出した未来への妄想、「脳の錯覚」である可能性が高いからです。
私たちの脳はおどろくほど親切で、ともすれば際限なく甘やかしてくれます。見たくないものは上手に見えないようにしてくれますし、認めたくない!と宣言すれば錯覚させてくれます。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春