2018年10月12日 更新

時間に追われるあなたへ 充実した「今」が手に入るブレインノートのすすめ

はかどらない予定に追われて、肝心の「今」に注力できない人におすすめなのが、日々の気がかりを整理してくれるブレインノートです。来年の手帳を買うときは新しいノートも1冊用意して、最初のページに「Brain」(脳)と書いてみませんか?

Writing About Something · Free photo on Pixabay (22685)

2018.10.12

日々の気がかりを整理する

gettyimages (22687)

蛍光マーカーで目立たせた「やりたいことリスト」、増え続けるTO DOリスト。どちらも、いつの間にか飽和状態になりがちですね。作業がはかどらないのはスケジュール管理がヘタだからではなく、実は乗り気じゃない自分に気がついていないだけかもしれません.。
やりたいことリストは、あらためて読んでもワクワクするでしょうか。TO DOリストは、本当にやらなければいけないことでしょうか。ときには、いさぎよく削除すべき項目もあります。
さて問題は、ちゃんとした必要性があるにもかかわらず放置されている項目です。このような「気がかり」は、ブレインノートに箇条書きすることで、いったん頭の外へ出してしまいましょう。
なぐり書きでかまいませんし、書いた内容を覚えておく必要もありませんが、はかどっていない原因(と思われること)を付け加えるのを忘れずに。
また、感情を吐き出すためではないので、簡潔な箇条書きにこだわってください。長々と書いてしまうと、夜中に書いたラブレターのようで読み返すのがイヤになります。
ブレインノートは「今」を実感するための外部記憶。いわば新しい脳です。いったんノートに気がかりをゆだねたら、あとは今すぐにできる行動とストレスを感じない作業に集中してください。

気がかりを可視化して現状を把握する

Notebook Write Notes Writing · Free photo on Pixabay (22689)

1日に数回ノートを開いて中身を眺めてみます。可視化された自分のモヤモヤを読み直すと、不思議とすんなり行動に移せるようになっているものと、腰が引けてしまうものにハッキリわかれるはずです。
後者については、本当の原因(本音)を追求する必要があります。ネガティブな記憶が生み出した未来への妄想、「脳の錯覚」である可能性が高いからです。
私たちの脳はおどろくほど親切で、ともすれば際限なく甘やかしてくれます。見たくないものは上手に見えないようにしてくれますし、認めたくない!と宣言すれば錯覚させてくれます。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

30代から、部下や上司との関わり合いが増え、悩みが増えてきます。人間はより困難な状況で複雑な感情を抱く時ほど、内面に隠す傾向があると精神科医は語ります。悩みを解決するための方法を紹介します。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕や、芸能人の逮捕など、多くの逮捕案件がマスコミで取り上げられています。逮捕まで行かないまでも、警察に出頭を求められる場合も多々あります。 万が一そういう事態になったときには、どうするのが良いのか? 刑事事件に詳しい弁護士に訊きました。
1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

現在の世界長者番付第1位・ジェフ・べソス率いるAmazon。買いたいものがあったらまずAmazonで検索する人は多いでしょう。商品購入だけでなく動画や音楽配信も楽しめ、食品販売もおこなうAmazonは、この度プライム会員費の値上げを発表しましたが、そのサービスのあれこれを調べてみました。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しらとはる しらとはる