2018年10月12日 更新

時間に追われるあなたへ 充実した「今」が手に入るブレインノートのすすめ

はかどらない予定に追われて、肝心の「今」に注力できない人におすすめなのが、日々の気がかりを整理してくれるブレインノートです。来年の手帳を買うときは新しいノートも1冊用意して、最初のページに「Brain」(脳)と書いてみませんか?

Writing About Something · Free photo on Pixabay (22685)

2018.10.12

日々の気がかりを整理する

gettyimages (22687)

蛍光マーカーで目立たせた「やりたいことリスト」、増え続けるTO DOリスト。どちらも、いつの間にか飽和状態になりがちですね。作業がはかどらないのはスケジュール管理がヘタだからではなく、実は乗り気じゃない自分に気がついていないだけかもしれません.。
やりたいことリストは、あらためて読んでもワクワクするでしょうか。TO DOリストは、本当にやらなければいけないことでしょうか。ときには、いさぎよく削除すべき項目もあります。
さて問題は、ちゃんとした必要性があるにもかかわらず放置されている項目です。このような「気がかり」は、ブレインノートに箇条書きすることで、いったん頭の外へ出してしまいましょう。
なぐり書きでかまいませんし、書いた内容を覚えておく必要もありませんが、はかどっていない原因(と思われること)を付け加えるのを忘れずに。
また、感情を吐き出すためではないので、簡潔な箇条書きにこだわってください。長々と書いてしまうと、夜中に書いたラブレターのようで読み返すのがイヤになります。
ブレインノートは「今」を実感するための外部記憶。いわば新しい脳です。いったんノートに気がかりをゆだねたら、あとは今すぐにできる行動とストレスを感じない作業に集中してください。

気がかりを可視化して現状を把握する

Notebook Write Notes Writing · Free photo on Pixabay (22689)

1日に数回ノートを開いて中身を眺めてみます。可視化された自分のモヤモヤを読み直すと、不思議とすんなり行動に移せるようになっているものと、腰が引けてしまうものにハッキリわかれるはずです。
後者については、本当の原因(本音)を追求する必要があります。ネガティブな記憶が生み出した未来への妄想、「脳の錯覚」である可能性が高いからです。
私たちの脳はおどろくほど親切で、ともすれば際限なく甘やかしてくれます。見たくないものは上手に見えないようにしてくれますし、認めたくない!と宣言すれば錯覚させてくれます。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しらとはる しらとはる