2017年12月7日 更新

〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

「宇宙とお⾦」というテーマで、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺いました。

STAGE 編集部:仮想通貨も出てきて、お⾦⾃体がインターネットになるという考え⽅もあります。
佐渡島さん:未来のお⾦がどうなるのか、全く想像がつかないですよね。AI が圧倒的な情報量を処理できるようになって、AI に預けておけば、お⾦も理想的にある程度増えていく状況ができあがる。今のAI と⼈間の戦いだと、AI に預けている⼈のお⾦だけが増えていくということが起きていると思うんですが。でも全部のお⾦が同時に増えることは、起こりえないから、全員がAI に預けたらどうなるのか。お⾦の価値が下がってしまうのか。
STAGE 編集部:宇宙はワクワクする。⼀⽅、お⾦はワクワクしますか。
佐渡島さん:ワクワクする⼈も多いでしょうけど、僕⾃体はお⾦っていう物は、そのツールでしかないと思っています。お⾦にワクワクするような⽅法を選ばない⽅が、何かを成し遂げるだろうなっていうふうに思っていたので。ある種お⾦にワクワクしてしまう思考をどう脱するかというのが昔の僕の課題でもありましたね。今はもう、お⾦はあったらいいなっていうぐらいにしか思わないです。やりたいことのためにいっぱいあれば楽なのになとは思うんだけど。ワクワクにはつながらないですね。
STAGE 編集部:では、佐渡島さんにとって今1 番のワクワクとは。
佐渡島さん:クリエイターが、⾃由に作品を発表できるようになって、こだわった良い作品が発表できる世界が来るっていうのが⼀番ですね。僕はそれを読者としてより楽しむっていうことがしたいと思っているわけです。
あまりに⽬標が⼤きくて捉えにくいので、世界がそちらに進んでいってるかどうかが、なかなか確認できないんです。でも、ちょっとずつでも進んでいるかなって感じる時はワクワクします。
それは、僕がそこを「ワクワクする場」として⾃分の中で決めたからなんですよ。
⼈と宇宙は近づくけれど、⼈とお⾦は遠ざかっていくと思う。佐渡島さんは、信⽤をお⾦に替えていると、そのロスが⼤きいと考えています。お⾦の未来については次の記事へ

佐渡島 庸平(さどしま・ようへい)

1979年生まれ。東京大学を卒業、2002年に講談社に入社。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。安野モヨコ、小山宙哉、曽田正人、三田紀房、羽賀翔一、平野啓一郎作品の編集・プロデュースを行う。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

「宇宙とお⾦」をテーマに、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺う第2弾です。
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座