2018年1月18日 更新

ココ・シャネルとNo.5と愛の時代

世界的に有名なブランドである「ココ・シャネル」。イニシャルであるC.C.を交互に組み合わせたロゴは、ステイタスシンボルであり、女性たちが競って身につけていた時代もありました。今回のテーマは、シャネルとNo.5とその時代(人生)を追っていこうと思います。

gettyimages (7989)

2017.12.18

5番街のシャネル

gettyimages (8011)

ニューヨークの5番街(57th street)にひときわ目立つように鎮座するシャネル。パリの本店よりも、煌びやかな雰囲気のある5番街のシャネルは、5番街の顔役として今日も観光客から憧れの目でみられています。

史上最も有名な香水 No.5

どんなに香水に疎い男性でも、唯一知ってる香水。それがシャネルのNo.5です。No.5がなぜここまで有名になった理由は、アメリカの女優マリリン・モンローのおかげだといわれています。ある記者がマリリンに質問しました。
“ねぇ、マリリン、夜は何を着て寝るんだい?”
“何を着てるって? パジャマ? ううん。……シャネルのNo.5を5滴”
粋な答えですね。

シャネルがパリで店を出せた理由

thinkstock (8015)

シャネルは孤児院で育ち、子供時代は恵まれなかったといいます。しかし、成長した後のシャネルは多くの裕福な男性と愛を育みます。もともと歌手を目指していて、ファッションの勉強をしていたわけでもないシャネルがパリに店をいきなり出せたのは、愛人関係にあった男性のおかげでした。
シャネルが暇にあかせて偶然作った帽子は、突飛で、おしゃれで、個性的でスタイリッシュで、周囲の女性から好評を得ていたのを見て、その頃に交際していた上流階級の男性のススメで店を出すことになりました。最初のアトリエはパリ17区のマルゼルブ大通りという高級地にありました。

飽くなき成功への挑戦

1910〜1920年にかけて、フランスは第1次世界大戦の真っ只中。しかし、実業家としてシャネルは一歩一歩、成功を手繰り寄せていました。愛人に出してもらった帽子店は繁盛し、なんと3年後には2号店も出し、5年後にはピアリッツ(フランス有数のリゾート地)に洋服店を出していました。デザイナーとしての才能、商売の才覚が一気に花開いたようです。経済的な自立も果たし、年齢は27歳。生涯未婚を通したシャネルでしたが、数々の男性と浮名を流したのもこの頃でした。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と結婚する女性の共通点

富裕層と結婚する女性の共通点

一昔前の女の子の将来の夢は「お嫁さんになること」が一番でした。素敵な旦那様と幸せな結婚をして、幸せな家庭をつくることです。夢はシンデレラになること。現在のアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の奥様メラニア・トランプ夫人などはその典型ですよね?
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部