2018年1月18日 更新

ココ・シャネルとNo.5と愛の時代

世界的に有名なブランドである「ココ・シャネル」。イニシャルであるC.C.を交互に組み合わせたロゴは、ステイタスシンボルであり、女性たちが競って身につけていた時代もありました。今回のテーマは、シャネルとNo.5とその時代(人生)を追っていこうと思います。

gettyimages (7989)

2017.12.18

5番街のシャネル

gettyimages (8011)

ニューヨークの5番街(57th street)にひときわ目立つように鎮座するシャネル。パリの本店よりも、煌びやかな雰囲気のある5番街のシャネルは、5番街の顔役として今日も観光客から憧れの目でみられています。

史上最も有名な香水 No.5

どんなに香水に疎い男性でも、唯一知ってる香水。それがシャネルのNo.5です。No.5がなぜここまで有名になった理由は、アメリカの女優マリリン・モンローのおかげだといわれています。ある記者がマリリンに質問しました。
“ねぇ、マリリン、夜は何を着て寝るんだい?”
“何を着てるって? パジャマ? ううん。……シャネルのNo.5を5滴”
粋な答えですね。

シャネルがパリで店を出せた理由

thinkstock (8015)

シャネルは孤児院で育ち、子供時代は恵まれなかったといいます。しかし、成長した後のシャネルは多くの裕福な男性と愛を育みます。もともと歌手を目指していて、ファッションの勉強をしていたわけでもないシャネルがパリに店をいきなり出せたのは、愛人関係にあった男性のおかげでした。
シャネルが暇にあかせて偶然作った帽子は、突飛で、おしゃれで、個性的でスタイリッシュで、周囲の女性から好評を得ていたのを見て、その頃に交際していた上流階級の男性のススメで店を出すことになりました。最初のアトリエはパリ17区のマルゼルブ大通りという高級地にありました。

飽くなき成功への挑戦

1910〜1920年にかけて、フランスは第1次世界大戦の真っ只中。しかし、実業家としてシャネルは一歩一歩、成功を手繰り寄せていました。愛人に出してもらった帽子店は繁盛し、なんと3年後には2号店も出し、5年後にはピアリッツ(フランス有数のリゾート地)に洋服店を出していました。デザイナーとしての才能、商売の才覚が一気に花開いたようです。経済的な自立も果たし、年齢は27歳。生涯未婚を通したシャネルでしたが、数々の男性と浮名を流したのもこの頃でした。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。
アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部