2018年1月12日 更新

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

thinkstock (7821)

2018.1.12
 いよいよ三号店、四号店のオープン当日。
 新店舗の前には行列ができました。これは、大谷が使った手の真似をしました。知り合いに声をかけてもらって、朝から行列を作ってもらいました。この勝負は絶対に負けるわけにはかなかったので、一番最良だと思えることに金を惜しまずに使ったのです。
 さらに、この二店舗には、もうひとつ特徴がありました。販売するおにぎりをクリームおにぎり一本に絞ったのです。旧二店舗でもおにぎり別の売り上げ比率は相変わらずクリームおにぎりが圧倒していましたし、作業効率やコストの面でも、クリームおにぎりだけに絞った方が結果が出やすいと考えました。
 新メニューもクリームおにぎりのバリエーションを葉山に作ってもらいました。『焼きクリームおにぎり』、『梅クリームおにぎり』、『鶏クリームおにぎり』、『元祖クリームおにぎり』の四種類です。
 初日は、想定通りの額が売り上げとなりました。これ以上にないくらい最高のスタートだったと思います。ここで実績を残せば米角のブランド化も一気に進む。
thinkstock (7823)

―――しかし、そうはなりませんでした。
 二日目の売り上げは、初日の額とほぼ同じでした。そして、一週間、この状態が続きました。しかし、三週目を過ぎるころから、少し異変を感じ始めました。どれだけ頑張っても一週目の売り上げを越えられなかったのです。
 葉山と新マネージャーが僕の所にやってきて、対策会議をすることになりました。
「社長、売り上げが思ったよりも伸びないんですが……、すいません、私の考えた新おにぎりが、あまり評判が良くないみたいで」
 不安がる葉山たちに、僕は精一杯の笑顔で答えました。
「いやいや、新しい店というのは、やはり周辺に浸透するまで、時間がかかるものだよ。ここは踏ん張りどころだよ。できることは色々やっていこう!」
 口では、そう言いつつも心の内側にはダラダラと脂汗をかいていました。今までの二店舗では経験したことのないプレッシャーを感じていたのです。
(よりによって、この二店舗の売り上げが振るわないなんて……。だって、今までよりもずっと人通りが多いし、メインの客層のサラリーマンやOLだって沢山そばを歩いているじゃないか)
「……大谷に相談してみるか」
thinkstock (7824)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「こだわった自己資金という縛りを解いて、銀行から借り入れをしよう」第13章[第26話]

「こだわった自己資金という縛りを解いて、銀行から借り入れをしよう」第13章[第26話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「自己資金を元に一店舗一店舗着実に増やしていくか、それとも銀行から借り入れをして一気に大きくするか」第13章[第25話]

「自己資金を元に一店舗一店舗着実に増やしていくか、それとも銀行から借り入れをして一気に大きくするか」第13章[第25話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「価格の決定力がブランドの力を決める」第12章[第24話]

「価格の決定力がブランドの力を決める」第12章[第24話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「このチャンスをどう活かすか」第11章[第23話]

「このチャンスをどう活かすか」第11章[第23話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「必要なときと、欲しいときに人はお金を使う」第11章[第22話]

「必要なときと、欲しいときに人はお金を使う」第11章[第22話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座