2017年12月12日 更新

旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

みなさんは「旅」に何を求めていますか? 癒しや美食、仲間や家族と絆を深める、知的好奇心の刺激や偶然の出会いを求める人など、それぞれ求めるものがあると思います。しかし「旅はビジネスにも役立つ」と聞いたらどう思うでしょうか?仕事から離れたくて旅をしている人にはちょっと申し訳ありませんが、スティーブ・ジョブズもマーク・ザッカーバーグも、世界を旅することでビジネスの明確なビジョンを見つけることができたと何度も発言しているのです。

istockphoto (7541)

2017.12.12
今回わたしが手に取った本のタイトルは『旅の報酬』。第1章では、ジョブズや世界の偉人たちが旅から何を得たのか。第2章は「旅が人生の質を高める33の理由」として、旅に影響を受けた起業家たち、そして著者自身の経験から「旅の経験をビジネスや人生に活かすコツ」を紹介しています。
旅のルートやスポットを紹介するわけではなく「旅がもたらしてくれること=旅の報酬」を紹介する本。ちょっと珍しい切り口の本書の中身に迫りたいと思います。

人生のターニングポイントに旅を求めた偉人たち!

thinkstock (7553)

本書の第1章、世界の偉人やビジネスの成功者たちの旅についてですが、中でもスティーブ・ジョブズがまだ20代前半、人生に迷っていた時代に経験した旅について掘り下げて紹介しています。ジョブズは日本の禅の教えに影響を受けていたことも有名ですが、禅に出会うよりも前にインド放浪の旅を経験。そしてのちに「インドへの旅がターニングポイントだった」と語っているそうです。
そんなジョブズがインドの旅で得た最大の収穫。それはビジネスのアイデアではなく、インドの人がみな「知力」ではなく「直感」を信じて生きているのを目の当たりにしたことでした。経験から習得してゆく知力よりも、人が生まれながらにして持つ「直感」の方がパワフルだと気付かされたのです。
ジョブズは後世、母校で行ったスピーチの中でも「最も大切なのは、あなたの直感に従う勇気を持つことです。(中略)どういうわけか直感は、君が本当に何になりたいのか既に知っているのです。」と語っています。確かに、ジョブズの人生に旅が与えた影響は多大なものだったのです。
さて、旅には何やら人生を変える力があるらしいことが分かったところで、筆者が提案する「旅の活かし方」を見てゆきます。

「本当に大切なものは、バックパックひとつにおさまる」と気が付く

thinkstock (7543)

自らも世界一周の旅を経験したのちに経営者となった著者の成瀬勇輝氏。自身の旅の中で「ものを一つ買ったら、持っているものを一つ捨てる」というルールを課していたそうです。元々は、飛行機に荷物を預けて空港で待つ時間を無くすためでした。しかし、旅を続けるうちに「新しく買うこの靴は、いま履いている靴よりも大切なのか?」など自分の声に耳を傾けられるようになったそうです。
そして、その効果は意外なところに現れます。ものを見極める判断力が、変なプライドや凝り固まった考え方、SNSの友達の数に固執することなど、精神的な判断の見極めにも役立つようになったのだそうです。これはバックパックで長距離移動するという特殊な環境だからこそ身につく能力だと言えそうです。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.7
〈グローバー〉「お金とは、太陽」

〈グローバー〉「お金とは、太陽」

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?
日本はインフレにできないって本当?『MONEY』の本質に学ぶ!

日本はインフレにできないって本当?『MONEY』の本質に学ぶ!

今回、私が手にした本は『MONEY ~もう一度学ぶお金のしくみ~』。アメリカの有名大学で教鞭をとる経済学者チャールズ・ウィーラン氏の著書です。これまで全米ベストセラーとなった『統計学をまる裸にする』『経済学をまる裸にする』などを上梓されているそうですが、私はこれが初めての本でした。
〈後藤由紀子〉「お金とは、よくわからないもの これからわかりたいもの」

〈後藤由紀子〉「お金とは、よくわからないもの これからわかりたいもの」

生まれ育った沼津で雑貨店「hal」を営む後藤由紀子さん。大切な人やお気に入りのモノを慈しみながら暮らす穏やかな生き方が注目を集め、そのライフスタイルを綴った著作は10冊を超えました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座