2017年12月12日 更新

旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

みなさんは「旅」に何を求めていますか? 癒しや美食、仲間や家族と絆を深める、知的好奇心の刺激や偶然の出会いを求める人など、それぞれ求めるものがあると思います。しかし「旅はビジネスにも役立つ」と聞いたらどう思うでしょうか?仕事から離れたくて旅をしている人にはちょっと申し訳ありませんが、スティーブ・ジョブズもマーク・ザッカーバーグも、世界を旅することでビジネスの明確なビジョンを見つけることができたと何度も発言しているのです。

istockphoto (7541)

2017.12.12
今回わたしが手に取った本のタイトルは『旅の報酬』。第1章では、ジョブズや世界の偉人たちが旅から何を得たのか。第2章は「旅が人生の質を高める33の理由」として、旅に影響を受けた起業家たち、そして著者自身の経験から「旅の経験をビジネスや人生に活かすコツ」を紹介しています。
旅のルートやスポットを紹介するわけではなく「旅がもたらしてくれること=旅の報酬」を紹介する本。ちょっと珍しい切り口の本書の中身に迫りたいと思います。

人生のターニングポイントに旅を求めた偉人たち!

thinkstock (7553)

本書の第1章、世界の偉人やビジネスの成功者たちの旅についてですが、中でもスティーブ・ジョブズがまだ20代前半、人生に迷っていた時代に経験した旅について掘り下げて紹介しています。ジョブズは日本の禅の教えに影響を受けていたことも有名ですが、禅に出会うよりも前にインド放浪の旅を経験。そしてのちに「インドへの旅がターニングポイントだった」と語っているそうです。
そんなジョブズがインドの旅で得た最大の収穫。それはビジネスのアイデアではなく、インドの人がみな「知力」ではなく「直感」を信じて生きているのを目の当たりにしたことでした。経験から習得してゆく知力よりも、人が生まれながらにして持つ「直感」の方がパワフルだと気付かされたのです。
ジョブズは後世、母校で行ったスピーチの中でも「最も大切なのは、あなたの直感に従う勇気を持つことです。(中略)どういうわけか直感は、君が本当に何になりたいのか既に知っているのです。」と語っています。確かに、ジョブズの人生に旅が与えた影響は多大なものだったのです。
さて、旅には何やら人生を変える力があるらしいことが分かったところで、筆者が提案する「旅の活かし方」を見てゆきます。

「本当に大切なものは、バックパックひとつにおさまる」と気が付く

thinkstock (7543)

自らも世界一周の旅を経験したのちに経営者となった著者の成瀬勇輝氏。自身の旅の中で「ものを一つ買ったら、持っているものを一つ捨てる」というルールを課していたそうです。元々は、飛行機に荷物を預けて空港で待つ時間を無くすためでした。しかし、旅を続けるうちに「新しく買うこの靴は、いま履いている靴よりも大切なのか?」など自分の声に耳を傾けられるようになったそうです。
そして、その効果は意外なところに現れます。ものを見極める判断力が、変なプライドや凝り固まった考え方、SNSの友達の数に固執することなど、精神的な判断の見極めにも役立つようになったのだそうです。これはバックパックで長距離移動するという特殊な環境だからこそ身につく能力だと言えそうです。

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座