2019年1月15日 更新

ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

「モノよりコト」の消費という言葉が浸透しはじめて久しいですが、最近では「トキ」の消費という言葉も耳にするようになり、時代は「経験」価値にお金を使う、経験経済に移行しています。そして、それを加速させているのがミレニアル世代です。今回はその実態について探ります。

gettyimages (25986)

2019.1.15

経験経済とは

ディズニーワールドの夢のような世界で過ごす幸福感やコンサートの感動など「モノ」ではなく「経験」、または日本で言うところの「コト」への消費は昔から存在する経済活動です。
gettyimages (25954)


アメリカのB・J・パインII、 J・H・ギルモアは20年前にこのように「経験」に経済的な価値をおく経済を「The Experience Economy(経験経済)と呼び、「Welcome to The Experience Economy」という論文をHarvard Business Reviewに寄稿し話題となり、その後、著書も出版したことで「経験経済」という認識がひろまりました。
その論文では「経験」の価値は、幸福感や感動がいつまでも心に残るような演出がなされたイベントに魅了された時に得られ、サービスは経験を演出するための舞台で、商品はその小道具として使われる、と説明しています。
このように、経験経済が認識されるようになり、テーマパークやエンターテイメントだけではなく、色々な業種で「経験」の価値を意識するようになりました。
例えば、ハードロックカフェ。本場ロックンロールの演出をした店内(舞台)で、アメリカ料理(小道具)を提供し、臨場感という「経験」を客に与え、客は単に食事をする以上の価値を感じそれにお金を使う、というマーケティングを生み出しました。
ところが、最近は20年前に注目され始めた頃には想定しなかった要因で経験経済が加速しているようです。それは、当時はまだ未知であったスマートフォン、SNSの出現、それを駆使するミレニアルズが消費の中心になりつつあることが理由ではないでしょうか。


なぜ、ミレニアル世代は「経験」を選ぶのか

gettyimages (25964)


アメリカの広告会社Harris Pollの調査では78%のミレニアルズが「モノ」より「経験」にお金を使うと答えたそうです。
また、同じくHarris Pollの調査で、69%のミレニアルズはライブイベントへの参加は、人、コミュニティ、世界ともっと繋がれると感じる、77%はライブイベントの参加が人生の中で最高の思い出となっている、と答えています。
Harris Pollの調査をもとに、アメリカのオンラインチケットサービス会社Eventbriteは、ミレニアルズにとって劇的で有意義な人生とは、様々な機会から得た経験の感動や幸福感を思い出にしたり共有したりすること、そして経験は独自性を創出するものだ、とまとめています。

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン