2019年2月22日 更新

第4次産業革命に乗り遅れないためには 未来の職業について考える

世界は第4次産業革命の到来で、IoT、ビッグデータ、AI等の新しい言葉に溢れ労働市場にもその影響が出始めております。1月に行われた世界中の経済人が集まるダボス会議でも話題となった職業の未来。我々は職業について今どのような意識改革が必要なのでしょうか。

専門職、ハイテク技術者にも求められる新たなスキルとは

gettyimages (31230)

労働市場の傾向として目立つのは多様な分野、様々な産業で活用できる応用力と包括的なスキルセットの需要が増えていることだとLinkedInは指摘しています。これは特に専門職、ハイテク技術者に言えることです。
2017年末の報告ではトップ20にも入っていなかったブロック・チェーン開発職が2018年末のレポートでは33倍と急激に増え、機械学習エンジニア職の増加幅をはるかに超えました。
これは仮想通貨のブームによるものだけではありません。ブロック・チェーンの追跡システム技術を利用した新たなアイデアを、様々な産業が取り入れようとしていることが反映しているといえるでしょう。

例えば、食品産業では消費者の食の安全を守る為に生産地、生産農場など関連データを追跡できるようなシステムを開発しているようです。ブロック・チェーンの追跡システムの応用がこのように様々なことを透明化していくために活用されるのでしょう。
ハイテク業種は速いペースで必要とするスキルの需要が変わっているのです。ハイテク技術者には時代に合った応用力や柔軟性のあるアイデアそしてコミュニケーション能力が求められているということです。
また、医師、弁護士、会計士などの専門職でさも、過去のデータから処理出来るような一般的なケースを扱う分野では、ビッグデータやAIが代替えするようになっていることも最近はよく話題になっております。
どんな職業であれ、今後はなにかしらの新しいスキルを身に着けるべくチャレンジが迫られているようです。そのためにも、常に信頼性の高い情報を色々な角度から収集し、市場はどう動いているのか、何が求められているのかということを常に意識し、柔軟に対応していくことが大切ではないでしょうか。
参考記事:

K. ブリーン

アメリカの某大学経済学部卒業。主に社会経済や映画の事などを書いてます。ピラティスにはまり、指導員資格を取りました。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

近年注目が集まっている「パーソナルブランディング」。個人をブランド化するということでフリーランス・起業家などに必要だと考えられる一方、会社員にも重宝するポイントがたくさんあります。どのように活用するといいのでしょうか?
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

人間関係に悩んでいる人ほど、表情にもその様子があらわれがち。なんとなく沈んだ気持ち・暗い表情で毎日を過ごしていませんか?今回は、ビジネスシーンでも重要になる「明るい表情・笑顔づくり」のコツをご紹介します。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン