2018年11月1日 更新

日銀は次の景気後退時に打つ手がない

FOMCが公表している政策金利の見通しでは、2020年には金利引き上げを終了することが示唆されています。2020年の利上げ回数はわずかに1回の見通しであり、2020年1-3月期にFRBの利上げがストップするシナリオもありえるのです。さらに2021年には景気後退に陥るという展開を意識して、利下げも視野に入ってくる状況にあるというわけです。

gettyimages (24367)

2018.11.1

日銀は次の景気後退時に打つ手がない

money and clock

money and clock

これに対して、日銀では未だに出口戦略についてまったく議論がなされていません。2019年中に利上げの議論が出たとしても、実際に着手するのはほぼ不可能といっても過言ではないでしょう。その結果として、為替市場がFRBの利上げの終了を意識し始めた時点で、円高への圧力が強まっていく展開が予想されます。
過去25年のFRBの利上げの行程を振り返ってみると、利上げの終了から利下げの開始までの期間は1年程度、もっとも長いケースでも1年6カ月でありました。仮に2020年の3月に利上げが終了するとすれば、景気後退は2021年3月に始まってもおかしくはないという計算になります。
為替市場の前倒しで動く習性から判断すれば、2020年を前にして(残り1回の利上げを残した時点で)、市場はFRBが利下げへ転換する時期を意識して動き始めるでしょう。そうなれば、日銀が出口に進みたいタイミングが訪れたとしても、円高によって出口に進めない事態に陥っていくのではないでしょうか。
過去の日銀の利上げの開始時期は、いずれもFRBの利上げ終了後になっています。せっかく日銀が利上げを開始しても、FRBが利下げに転じた後は円高が進み、結局のところ、日銀はすぐに利上げを終了せざるをえない状況に追い込まれていたのです。
残念なことですが、日銀はこういった経験を今回も生かすことができなかったといえるでしょう。それどころか今回の場合は、世界的な不況が2020年中にでも始まれば、日銀は1回の利上げすらできなくなってしまうかもしれません。
gettyimages (24442)

みなさんのご記憶にも新しいでしょうが、今年の2月には米国の長期金利が3.0%に達しただけで米国株の暴落、ひいては世界的な株価暴落が引き起こされました。今回も長期金利が3.2%台になっただけで同じような状況が引き起こされています。FRBとしては次の景気後退を意識して利上げのペースを速めてきたのでしょうが、米国株が今回の暴落をきっかけに調整に入るようなことがあれば、景気への下押し圧力が従来よりも強まり、利上げの終了の時期が早まることもありえるでしょう。
そのようなことまで考えれば、2019年前半には円相場は110円を突破し、2020年までには100円が射程圏に入ってくることも十分に考えられます。安倍政権が出口戦略を容認し始めたとはいうものの、日銀の出口は非常に難しいものとなっていくのではないでしょうか。もちろんこれは過去の事例の検証であり、今後の展開が必ず当てはまるとは限りませんが、それでも確度がかなり高いシナリオになりつつあるように思われます。
最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
経済情報のファスティング・ダイエット

経済情報のファスティング・ダイエット

GWが始まる前に資産運用で成功している富裕層の方にGW活用術を聞いてみたところ、「日々の経済動向を追わない」、「数年先に思いをめぐらせる」「歴史を振り返る」といったコメントが多くありました。それを信じて最新の経済情報に極力触れない情報ファスティング・ダイエットを試した結果、ある面白い気づきがありました。
仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

行動経済学には「アンカリング効果」という法則があります。人間の心理行動を利用した効果的な法則で、マーケティングや営業などのビジネスの現場ではよく利用されているものです。今回は、日常生活や自分自身にも応用できる「アンカリング効果」を取り上げます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部