2017年10月5日 更新

ラグジュアリーリゾートで語学留学をお望みなら(セブ島留学のススメ第3回)

リゾートに行きたい、でもひとりは寂しいかも?という人にオススメなのが、セブ島・英語短期語学留学を兼ねたリゾート旅です。放課後や休日はスクールで知り合った仲間たちとお楽しみ。夢の留学で、人生変わるかもしれません。

「セブ留学+リゾート」のお一人旅をおすすめする連載。

海の近くで英語を学べるQQ English SEAFRONT CAMPUS

 (4174)

第3回目の今回は、「語学スクールにも、もっとリゾート感がほしい!」という人のためにとっておきスクールをご紹介します。
語学スクールQQ English SEAFRONT CAMPUSは、セブ島一のリゾート地であるマクタン島・ラプラプシティに位置する。目の前に広がるのは眩い限りの美しい海。リゾート留学にこれほどぴったりな英語学校はないだろう。
 (4181)

元ホテルだった建物を利用した校舎と宿泊施設は、英語学校だということを忘れてしまうほどのラグジュアリーな雰囲気。カフェテリアがあり、ビュッフェ形式で朝・昼・晩と日替わりメニューの3食付き!
 (4183)

1週間からの短期留学が可能で、長期のお休みを取るのが難しい社会人でも有給休暇で気軽に海外留学を体験できる。入学初日には、新入生同士を迎えるためのウェルカムパーティーが開かれるので、そこで留学仲間を見つけられる。
生徒は約5割が日本人と初対面同士での友達も作りやすい。日本人オーナーの学校なので、留学中何か困ったことがあれば、日本人スタッフがフォローしてくれる。初めて海外留学をする人にとっても心強い!

フレンドリーな先生とマンツーマンで

 (4187)

授業は、カランメソッドという英語脳を鍛えるためのトレーニング方法も取り入れるなど「英語を話すこと」に重点を置いており、ほとんどがマンツーマンレッスン。先生もフレンドリーなので、同年代の女友達とおしゃべりしているような感覚で英語を学べるのが楽しい。
スピーキングや発音など11種類の授業内容から伸ばしたい能力に合わせて選択することが可能。コマ数の増減もできるので、午前中は授業を受けて、午後からはマリンスポーツや観光したいというリゾートメインの留学にも対応。自由に授業プログラムがカスタマイズできるのも魅力。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

いつか叶える夢だった留学を、今、お手軽なセブ島で! セブ島留学第2弾は勉強後の息抜きスポットをご紹介。週末になったら遠出してリゾートを満喫しましょう。もしかしたら人生観が変わる出会いもあるかもしれません。
「南国リゾート+英語プチ留学」はいかが。(セブ島留学のススメ第1回)

「南国リゾート+英語プチ留学」はいかが。(セブ島留学のススメ第1回)

社会人になっても、叶えたい夢のひとつが「留学」。学生のときにお金で留学を諦めたことがあるならなおさらですね。キャリアアップや生き方の可能性を広げてくれる留学ですが、最近は「セブでお手軽留学」が流行のようです。
密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

熱帯気候に属し、国土の約60%〜65%がジャングルというマレーシア。そんなマレーシアの離島、ランカウイ島にSTAGEの編集が行ってきました。人生にはリセットが必要ですよね。ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.4〜
「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。
「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部