2018年1月15日 更新

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。

thinkstock (8803)

2018.1.15

潜在リスク〜世界編〜

thinkstock (8800)

まずは、米国を抜きに世界経済を見通すことはできないと思います。とうことで、現時点の米国経済を確認してみると、正直好調そのものです。例えば失業率、有効求人数、設備投資、クリスマス商戦など多くの指標や数字でその好調さが裏付けされています。では、そのように好調な米国経済に潜在リスクはあるのでしょうか。

潜在リスクその1:米国の長期金利(10年以上)が市場予想を越えて上昇する

この記事を書いている2018年1月時点での金利は約2.5%。この金利が、2017年末に決まった大型減税の影響を受け予想以上に上昇し、例えば2.9%を越えてくるような事があれば、これは現在の市場が予測し織り込んでいる2.75%を越えてくることになり、結果、株価にマイナスの影響を与える可能性があります。そうなると、多くのアナリストの予想してる好調な株式市場のシナリオに大きな影響を与え、株価の調整があるかもしれません。
このようなリスクをみなさんが察する方法は、ずばり、米国の長期金利(10年以上)をコンスタントに確認してはいかがでしょうか。新聞でもインターネット検索でも簡単に確認できます。ちなみに、長期金利の想定外の上昇は企業の設備投資の意欲を減退させ、また、個人向けの住宅ローン、カーローンなどの需要が減ることからマイナスの影響が大きく、株式市場にも大きなマイナスの影響があることをこの機会に記憶しておいてください。
thinkstock (8818)

潜在リスクその2:トランプ大統領のロシアゲート疑惑による経済への悪影響

トランプ大統領のロシアゲート疑惑による経済への悪影響を心配する向きがあります。そのような疑惑が報じられるような不甲斐ない共和党政権であるにも関わらず、実は今年の後半に開かれる米国中間選挙で、共和党が優勢であると現時点では報道されています。ロシアゲートで何らかの進展があり、それにも関わらずそれでも共和党が優勢であった場合、ますます政権運営は混沌とし国は二分されるリスクがあります。そうなると、米国における様々な経済政策が進むこと無くなり、いわゆるレームダックになり、経済は停滞し、世界経済にとっては大きなマイナス要因になります。このような潜在リスクの顕著化を推察するには、政権幹部の離脱と、共和党幹部の発言、中間選挙の見通しなどのニュースに気を配り、自分なりに分析することが大切になります。

潜在リスクその3:2018年春に開催されるイタリア総選挙で反EU勢力が勝利する

2017年は、オランダ、ドイツ、フランスなどで国政選挙が続きました。2016年のブレグジットの流れの継続を警戒していた市場関係者は多く、様々な懸念が語られていましたが、1年という月日を経てイタリアの総選挙なども無事にほぼ無風で通過しました。このような時こそ注意が必要です。大きな変調はないと思っている向きが多い時こそ、大きな風向きの変化を見逃します。ニュースなどを見るときには、現地のインタビューなどのコメントを注意深く聞き逃さないようにしましょう。
thinkstock (8820)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊