2017年11月6日 更新

宝塚歌劇団は失敗から生まれた〜小林一三が見た夢〜

一月三日に生まれたから、一三(いちぞう)。のちに関西経済界のみならず、日本の文化・生活面にも大きな影響を彼は与えましたが、一般的には宝塚歌劇団を最初に作った男と知られています。

thinkstock (6445)

2017.11.6
至極単純明快な名前を持つ小林一三は、山梨の商家で生まれました。さまざまな面を持った実業家である小林はどんな男だったのでしょうか。

順調に出世していたエリートサラリーマンから一転……

thinkstock (6474)

実業家のイメージの強い小林ですが意外にも大学を出てからは、三井銀行(現・三井住友銀行)の銀行員として東京でサラリーマン生活を過ごしています。元来優秀な彼は、めきめき頭角をあらわして順調に出世の階段を登っていきましたが、34歳のときに転機が訪れます。
「大阪で証券会社を作りたいから手伝ってほしい」と北浜銀行の設立メンバーで昔の上司であった岩下清周から誘われて、あっさり銀行を辞めて大阪の地に降り立ったのです。しかし、折からの不況で、証券会社の話はあっさりと立ち消えになり、大阪で妻子を抱えて路頭に迷うことになりました。

失意の後にチャンスがある

thinkstock (6471)

金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない人間である。
この言葉は、功成り名を遂げたのち、小林一三翁が人生を振り返って残した言葉だと言われています。
独立し実業家になることを夢見て、大阪にやってきた小林にとって出鼻をくじかれるような出来事の連続だったと思いますが、残した言葉どおり金がないから何もしない男ではありません。当時、まだ工事中だった「箕面有馬電気軌道」(のちの阪急電鉄)に目をつけて、北浜銀行の岩下を説得し株式を買い取らせて、自らは箕面有馬電気軌道の専務になったのでした。

人気のない鉄道会社 

gettyimages (6475)

無職からいきなりの鉄道会社の重役になるって、どんな離れ業!?という疑問もわくだろうと思います。もちろん、エリート銀行員としての評判と経験と人脈が役に立ったのですが、すんなり重役におさまったのにはもうひとつ理由があります。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの小遣いは減らすな』より特別編集編をお届けします。
「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

200年にも渡り世代を超えて大きな資産を守りながら増やしていく富裕層の資産運用術。その運用術には、勘に頼らないしっかりと裏付けがあります。学べば誰でも使える極意を数回に渡り読み解きます。今回はリスク編。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座