2019年2月7日 更新

キャリアを磨くボランティア「プレボノ」でスキルを活かした社会貢献

「プロボノ」は本業の知識、経験、スキルを活かして社会に貢献するボランティア活動です。日本にもプロボノを奨励する企業が現れています。本業とは異なる環境での問題解決が本業の問題解決のトレーニングになり、自分の市場価値を高めてキャリアアップにつながる可能性もあります。

プロボノに参加して自分の市場価値を上げる

gettyimages (30569)

プロボノに参加する動機は、熱意に差はあっても「社会のために役に立ちたい」ですが、参加することで自分自身にも「何かいいこと」が返ってくるようです。
プロボノで企業と社会起業家、NPO法人の橋渡し役になっている認定NPO法人サービスグラントによると、参加者は「仕事への刺激になった」「仕事の進め方の参考になった」とコメントしているといいます。本業にも良い影響が出ているようです。
たとえば「プロボノ価値共創プログラム」の目的は次のようなもので、従業員を送り出す企業にとっては人材育成に直結するような言葉が並んでいます。
1) 社会課題を解決するプロボノ活動を通じて、身近に起こっている知られざる事実や変化の兆しなどに対する社会感度を高める
2) 異業種チームでのプロジェクト推進を、コラボレーション力を磨く相互研鑽の機会とする
3) イノベーションマインドを高め、所属する組織の競争力向上や新たな事業創出につながるような学びや気づきを得ることを目指す
「本質的な問題を発見し、問題の原因を探り、解決策を考えて成果をアウトプットする」というプロセスは、プロボノの社会貢献活動であっても、本業の企業活動であっても同じです。参加者にとっては、大組織ではなく小組織、細分化された業務ではなく包括的な業務、管理部門ではなく受益者に直接関わる部門というように、本業とは異なった環境に身を置いての問題解決が、本業での問題解決のトレーニングになることもあります。
その意味では、プロボノへの参加で自分の市場価値を知り、それを高め、キャリアアップにつながる可能性は十分あると言えます。実際に経験を本業に活かせるか活かせないかは自身の取り組み方次第ではありますが、少なくともその機会は、提供されています。
人によっては「本業では得られない人脈ができた」「副業につながった」「定年後にやりたいことが見つかった」という人もいるようです。少なくとも「やらなければよかった」と後悔する人は、ほとんどいないでしょう。

寺尾淳(Jun Terao)

本名同じ。経済ジャーナリスト。1959年7月1日生まれ。同志社大学法学部卒。「週刊現代」「NEXT」「FORBES日本版」等の記者を経て、現在は「ビジネス+IT」(SBクリエイティブ)などネットメディアを中心に経済・経営、株式投資等に関する執筆活動を続けている。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部