2019年2月7日 更新

キャリアを磨くボランティア「プレボノ」でスキルを活かした社会貢献

「プロボノ」は本業の知識、経験、スキルを活かして社会に貢献するボランティア活動です。日本にもプロボノを奨励する企業が現れています。本業とは異なる環境での問題解決が本業の問題解決のトレーニングになり、自分の市場価値を高めてキャリアアップにつながる可能性もあります。

プロボノに参加して自分の市場価値を上げる

gettyimages (30569)

プロボノに参加する動機は、熱意に差はあっても「社会のために役に立ちたい」ですが、参加することで自分自身にも「何かいいこと」が返ってくるようです。
プロボノで企業と社会起業家、NPO法人の橋渡し役になっている認定NPO法人サービスグラントによると、参加者は「仕事への刺激になった」「仕事の進め方の参考になった」とコメントしているといいます。本業にも良い影響が出ているようです。
たとえば「プロボノ価値共創プログラム」の目的は次のようなもので、従業員を送り出す企業にとっては人材育成に直結するような言葉が並んでいます。
1) 社会課題を解決するプロボノ活動を通じて、身近に起こっている知られざる事実や変化の兆しなどに対する社会感度を高める
2) 異業種チームでのプロジェクト推進を、コラボレーション力を磨く相互研鑽の機会とする
3) イノベーションマインドを高め、所属する組織の競争力向上や新たな事業創出につながるような学びや気づきを得ることを目指す
「本質的な問題を発見し、問題の原因を探り、解決策を考えて成果をアウトプットする」というプロセスは、プロボノの社会貢献活動であっても、本業の企業活動であっても同じです。参加者にとっては、大組織ではなく小組織、細分化された業務ではなく包括的な業務、管理部門ではなく受益者に直接関わる部門というように、本業とは異なった環境に身を置いての問題解決が、本業での問題解決のトレーニングになることもあります。
その意味では、プロボノへの参加で自分の市場価値を知り、それを高め、キャリアアップにつながる可能性は十分あると言えます。実際に経験を本業に活かせるか活かせないかは自身の取り組み方次第ではありますが、少なくともその機会は、提供されています。
人によっては「本業では得られない人脈ができた」「副業につながった」「定年後にやりたいことが見つかった」という人もいるようです。少なくとも「やらなければよかった」と後悔する人は、ほとんどいないでしょう。

寺尾淳(Jun Terao)

本名同じ。経済ジャーナリスト。1959年7月1日生まれ。同志社大学法学部卒。「週刊現代」「NEXT」「FORBES日本版」等の記者を経て、現在は「ビジネス+IT」(SBクリエイティブ)などネットメディアを中心に経済・経営、株式投資等に関する執筆活動を続けている。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部