2018年2月8日 更新

家族全員が豊かな未来を築くために~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第1回]~

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの小遣いは減らすな』より特別編集編をお届けします。

 さて、それらの子供の教育・習い事にかかるお金は、決して小さな額ではありません。
 習い事をいくつか掛け持ちすれば月に数万円かかるのが当たり前です。塾や予備校も加えれば、毎月10万円以上の教育費をかけている家庭もあるのではないでしょうか。
 この教育費を、何も考えずにかける親はいません。必ずリターンを考えているので、教育費は投資と言えます。そのリターンとは、知識やスキル、感性など、その子が社会に出て生活に困らないための力を身につけることです。
 9年間の義務教育、7年間の高校・大学での教育、それとは別にたくさんのインプットを受けた子供たちは、20代でやっと社会に自分の価値を提供して、月間20万円前後の給料をもらうようになるのです。
 では、あなたの子供が社会人になった時から、インプットをストップさせたとしたら、5年後はどうなるでしょうか?
 おそらく、あっという間に同期との差が開いてしまうでしょう。活躍する場もなくなってしまうでしょう。もちろん収入も、同期と比べて少ない水準になってしまいます。
 幼少期から十数年という期間と多額の費用をかけて教育した効果が、5年間インプットをストップしただけで、途端に薄れてしまうことになります。特に、ITなどの技術の変化・進化が激しい時代ではなおさらでしょう。
gettyimages (9899)

 では、お父さんの例に戻って考えてみましょう。
 現在、会社で活躍しているお父さんが65歳で定年を迎えるまでの期間は、30歳の人なら35年、40歳の人なら25年、50歳の人でも15年もあります。
 平均寿命100年時代と言われ、少子・高齢化が進んでいる今、年金制度が苦しくなるのが目に見えています。年金支給額が減ってしまうと生活が苦しくなるため、誰もが75歳くらいまで働くことがいずれ普通になるでしょう。
 そうなると、今30歳の人ならこの先45年、今40歳の人なら35年、今50歳の人でも25年働き続けなければ、普通の生活ができないことになります。
 そのような社会変動が起こっている今、「家計が厳しいからしょうがない」とこづかいを減らし、お父さんのインプットを減らすという判断は、家族全員の未来のためにはなりません。多くのインプットにはお金がかかります。さらに、インプットがないと、よいアウトプット(つまり質の高い仕事)を生み出せません。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お父さんは一家の大黒柱です~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第2回]~

お父さんは一家の大黒柱です~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第2回]~

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの小遣いは減らすな』より特別編集編をお届けします。
能力が高くても、「できる人」と評価されない理由~『「仕組み」仕事術』[第1回]〜

能力が高くても、「できる人」と評価されない理由~『「仕組み」仕事術』[第1回]〜

気合いと根性だけでは、仕事は長続きしません。では、どうするか?——おすすめは「自分が働かなくてもいい仕事は、『仕組み』に働かせる」という考え方です。効率化に悩むビジネスパーソンへ、泉正人のベストセラー『「仕組み」仕事術』よりスペシャル版としてお届けします!
STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

STAGEと時間の関係~『お金原論』[第15回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

一般的な常識にダマされてはいけない~『お父さんの「こづかい」は減らすな!』[第5回]~

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの小遣いは減らすな』より特別編集編をお届けします。
「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

「そうすることが、妻と娘のためになるとその時は思えた」第16章[第32話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座