2019年1月22日 更新

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

映画シュガー・ラッシュ:オンラインでは歴代ディズニープリンセスや、スター・ウォーズ、マーベルキャラクターをカメオ出演させる等、斬新なアイデアを披露し注目を集めるウォルト・ディズニー社。フォックスの買収にはどんな意図があるのでしょうか。その狙いについて迫ります。

gettyimages (29111)

2019.1.22

ディズニーがハリウッドを独占していく

ディズニーはピクサー(2006年)、マーベル(2009年)、ルーカス(2012年)と有名スタジオを次々と買収しては注目を浴びてきました。そして、ついに2018年にはメディア王ことルパート・マードック氏率いる21世紀フォックスの主要部門を713億ドル(約7兆7億円)で買収の合意を得て、その勢力を益々広げております。
gettyimages (29110)

2018年の米国内での興行収入の例を見ると、ディズニーが約30億ドル、フォクスが約12億ドル、合計すると、約42億ドル(約4,536億円)で業界シェアが37%近くになります(Deadline.com) 。買収手続きが完了する2019年からはこれが現実となるわけですから、ライバル社や関係者は気が気ではないでしょう。
公開中の映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』に堂々とカメオ出演させた、歴代ディズニープリンセスに加え、『スター・ウォーズ』、『アイアンマン』、『トイストーリー』などハリウッドの人気キャラクターの顔ぶれを見れば、ディズニーのハリウッドでの独占力が一目瞭然です。
そして、今回のフォックス買収でさらに興行収入歴代1位の大ヒット映画『アバター』とマーベルコミックスの人気シリーズ映画『X-MEN』を引き継ぐこととなります。
今後は人気コンテンツの収集や興行成績の上位だけではなく、フォックスを味方につけアカデミー賞作品賞の受賞も狙いたいところでしょう。

ディズニーの狙いの1つはテレビ部門の充実

意外ではありますが、実はディズニー帝国の一番のドル箱となっているのは、テレビ(メディア)部門です。
Statistic: Revenue of the Walt Disney Company in the fiscal year 2018, by operating segment (in billion U.S. dollars) | Statista
Find more statistics at Statista

ディズニーは米国に「ABC」チャンネルとスポーツ専門の「ESPN」チャンネルを持っておりますが、最近どちらも業績がよくないようです。一方フォックスのテレビ部門はアメリカアニメ史上最長寿の人気番組「ザ・シンプソンズ」をはじめ、数多くの人気テレビ番組を制作しています。
今後は、優れたフォックスのテレビ部門がオリジナルシリーズの制作や、フォックスの過去人気番組の視聴サービスを充実させることで、新体制のメディア部門を盛り上げていくことをディズニーは期待しているのだろう、とニューヨーク・タイムズは述べています。
少しややこしいのですが、ディズニーが既にスポーツ局「ESPN」を持つことから、米司法省は反トラスト法の関係で、買収に含まれるフォックスの22局のローカルスポーツ局をディズニーが買収後、他社に売却することを条件に今回の買収許可を出したのです。一時はフォックスの買戻しも噂されていましたが、今のところまだ売却先は決まっていないようです。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

みなさんは「旅」に何を求めていますか? 癒しや美食、仲間や家族と絆を深める、知的好奇心の刺激や偶然の出会いを求める人など、それぞれ求めるものがあると思います。しかし「旅はビジネスにも役立つ」と聞いたらどう思うでしょうか?仕事から離れたくて旅をしている人にはちょっと申し訳ありませんが、スティーブ・ジョブズもマーク・ザッカーバーグも、世界を旅することでビジネスの明確なビジョンを見つけることができたと何度も発言しているのです。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン