2017年10月26日 更新

眠りの自己破産を招く「睡眠負債」。ピンチを乗り切る裏ワザとは?

なかなか眠れない人、寝ているのに疲れがとれない人、昼間に眠くなってしまい仕事のパフォーマンスが上がらない人…etc。書籍『スタンフォード式 最高の睡眠』から、何らかの理由で自分の睡眠時間に満足できていない人の悩みを改善するための情報やヒントを探ってみたいと思います。

thinkstock (5646)

2017.10.17
“最高の睡眠を確保し、日中のパフォーマンスを最大化する。スタンフォード大学で30年近く睡眠を研究して得た知見を軸に、「あなたの睡眠を、あなた史上最高にする」方法をお伝えするのが本書のねらいだ。”
この力強い書き出しで始まる本書『スタンフォード式 最高の睡眠』は、2017年3月に発売するやいなや大きな話題に。TBSの「金スマ」という金曜のゴールデンタイムに丸々1時間この本を取り上げ、司会の国民的タレントを含めた出演者たちが最高の睡眠に興味津々になっていました。
著者はアメリカ、スタンフォード大学医学部教授で同校の睡眠生体リズム研究所の所長を務める西野精治氏。スタンフォードといえば、世界で最初に本格的な睡眠研究に取り組み、あの「レム睡眠」の存在を新発見するなどまさに分野をリードする研究機関。そこで長年活躍している日本人です。
なかなか眠れない人、寝ているのに疲れがとれない人、昼間に眠くなってしまい仕事のパフォーマンスが上がらない人…etc。この本にたどり着いた人の多くは、何らかの理由で自分の睡眠に満足できていない人だと思います。その悩みを改善するための情報やヒントが見つかるのか? さっそく世界の睡眠研究の最前線に迫ってみたいと思います。

ニッポンは世界一の「睡眠負債」大国!

thinkstock (5647)

私たちは日ごろ「睡眠不足」という言葉を使いますが、世界の睡眠分野の研究者たちは「睡眠負債」と呼ぶのだそうです。その理由は、不足した睡眠時間にはまるで借金のように利子がつき、脳と体が思うようにならなくなる「眠りの自己破産」に至る可能性を持つため。平日の睡眠不足を週末の「寝だめ」で返せると思ったら大間違い。私たちが思っている以上に深刻な問題だったのです。
そして残念なことに、我が国は世界で最も「睡眠負債」を抱える人が多い国!例えば世界各国の平均睡眠時間をくらべてみると……

フランス…8.7時間
アメリカ…7.5時間
日本…6.5時間

とくに東京では、平日の平均睡眠時間がわずか5.59時間。2016年にアメリカのミシガン大学が行ったネット調査でも日本の睡眠時間は世界100か国中で最下位になってしまったのだそうです。
かなり不名誉ではありますが、これは睡眠時間の確保が難しい人がそれだけ多いとも言いかえることができます。そして、そんな人こそ大切にしたい“ある時間”が存在するのだそうです。

睡眠の質を決める「黄金の90分」

istockphoto (5653)

ここからが本書の核心部分。人は睡眠状態に入ると、より深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を繰り返しながら徐々に目覚めに近づいていきますが、中でも「最初にやってくる90分のノンレム睡眠」が『ゴールデンタイム』と呼ばれているのだそうです。そして、この時間をより深い眠りにする事こそスタンフォード大学が突き詰めた『最高の睡眠』なのです。
この「寝はじめの90分間」は

・細胞の増殖や代謝を促進するグロースホルモン(成長ホルモン)が最も多く分泌される
・「眠りたい」という「睡眠欲求」が最も解放されやすい
・記憶が固定され、イヤな記憶を消去する

などなど、脳や身体にとって非常に重要。まさに黄金の価値があるのだそうです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30代に入って仕事の疲れが取れなくなってきた、40歳を過ぎたら趣味に打ち込む気力がなくなってきた、あなたもこのような悩みを持っていませんか?その裏には体に悪影響を及ぼす習慣が潜んでいる可能性があります。 そこで今回は、疲れにくい体を作るための3つの習慣をご紹介します。
「資格」を通じて心と生活に彩りを。心を豊かにする資格5選

「資格」を通じて心と生活に彩りを。心を豊かにする資格5選

忙しく日々を過ごすなかで、ふと、「学びたい」と感じるときはありませんか?学ぶということは、心や生活によい変化や潤いを与えてくれることがあります。数ある資格の中から、学ぶことで日々の生活や心を豊かにしてくれるものを集めました。
仕事がはかどる!集中力を高める成功者の習慣3選

仕事がはかどる!集中力を高める成功者の習慣3選

社会に出て成功したいと野心を抱いているものの、いったい何をすればいいのか悩んでいませんか。今すぐできることが思いつかないなら、成功している人が取り入れている習慣を真似してみることから始めてみませんか。
チームラボでデジタルアートを体感しよう

チームラボでデジタルアートを体感しよう

チームラボは、自称ウルトラテクノロジスト集団・デジタルコンテンツ制作会社。デジタル分野の専門家で構成されるこの会社を率いるのは、日本のスティーブジョブスとの呼び声高い猪子寿之氏。 彼らのデジタルテーマパーク「お台場ボーダレス」「豊洲プラネッツ」は体験済みですか?
快適空間での贅沢キャンプ「グランピング」で 秋の紅葉を見に行こう!

快適空間での贅沢キャンプ「グランピング」で 秋の紅葉を見に行こう!

夏もそろそろ終わり。秋のレジャー計画を立てる時期になりましたね。秋を満喫するならなんといっても紅葉。でも今年は、ただ紅葉を見るだけでなく、紅葉がきれいな自然の中でグランピングを楽しんでみるのはどうでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座