2018年10月9日 更新

震災1週間後の北海道に行ってきました

2018年9月、北海道に行ってきました。 半年前からとっても楽しみにしていた旅行なのですが、出発予定日1週間前の9月6日北海道胆振地方中東部で強い地震が発生。

gettyimages (22329)

2018.10.2
翌日からはTVのニュースやSNSによって、被災地の現状が刻々と伝わってきます。
・コンビニに物資が届かない
・ガソリンが足りない
・ 電力不足
北海道に行くことを伝えていた家族や友人からも行くことを反対され、私自身も震災直後の被災地に観光で行くことは迷惑になるのでは? とも思ったのですが、、、

震災直後の北海道に行くことにした3つの理由

①北海道はとっても広い

北海道は東京都の約40倍の広さと言われています。
今回12泊かけて北海道の東側を中心に観光していましたが、震源地から世界遺産の知床までは
距離にして約300km。これは東京から三重県くらいまでの距離なんです。
北海道は危険だとひとくくりにせず、被害の少ないところで観光を楽しもうと思いました。

②交通手段はほとんど復旧している

成田空港-新千歳空港の便を予約していたのですが、震災から3日後にはほとんどの飛行機は通常通り運行していました。予約していたレンタカー会社問合せたところ、通常通り営業しているみたいなので、最悪でも目的地に行くことは出来そうでした。ガソリン不足についての情報が少なく、ガソリンスタンドだけは行くまで少し不安でしたが。。。

③『通常通り営業しているので、是非お越しください』という現地の声

また、宿泊予定の施設や予約しているアクティビティの会社に連絡してみると、『こっちは全然大丈夫ですよ。お気をつけてお越しください』という温かい言葉をいただけました。

→最終的には、3つ目のこれが決め手となり、行くことを決断!
迷惑にならないように観光を楽しみつつ、現地の空気感を感じながら必要に応じて自粛しよう!
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

太平洋側の各地ではもうすぐ蒸し暑い夏の到来。でも日本海側ではカラッとした過ごしやすい季節になります。この時期、新潟県長岡市では「長岡まつり」が、そして上越市では「上越蓮まつり」が開催されます。そんなイベントに併せた周辺の観光スポットとグルメをご紹介します。
ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部