2019年6月13日 更新

富裕層が高級車に乗るのには理由がある 

富裕層はとかく高額なモノを所有しているイメージがありますが、高級車もそのひとつです。しかし富裕層が高級車に乗ることにも、それなりの理由があります。

1-4 ステータスを手早く理解してもらえる

富裕層は同じように資産を持つ人との交友を持ちます。そこにビジネスチャンスがあるからです。
そこで初対面の富裕層に自分のステータス(つまり社会的な地位)がどの位置にあるのかをひと目で理解してもらうために、高級車を保有します。

2 高級車購入は浪費ではなく投資と考える富裕層

高級車は決して自己満足のアイテムではなく、富裕層にとっては投資対象でもあります。

2-1 高級車は価値が下がりにくい

高級車を投資として考える富裕層は、リセールバリュー(売却する時の価値)が高い高級車を購入します。
国産車ではトヨタ車にレクサスをはじめ、リセールバリュー が高い車種が多くありますが、外国産の高級車ではフェラーリやジープが中古でも価値が下がりにくいことで知られています。

2-2 楽しんだ後に売れる

富裕層はその思考が徹底して費用対効果を基準としたものとなっています。高級車も単に好みで選ぶのではなく、リセールバリューが高いものを選ぶ傾向があります。
そのため、車の運転を楽しむ富裕層は高級車の買い替え時に有利に売却しています。フェラーリやランボルギーニなどは走りを楽しめるうえに、売却時にも高く売れるので富裕層に人気があります。

2-3 税金対策や相続対策もできる

高級車を投資と捉えるならば、減価償却による税金対策にも役立ちます。
普通車の減価償却の耐用年数は6年ですが、登録から4年を過ぎた場合には耐用年数は2年で固定されます。つまり2年間で購入費用を減価償却費として経費計上できるということです。
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座