2019年7月2日 更新

成功者は「瞑想」している!心を穏やかに整える瞑想法

成功者には瞑想をしている人が多くいます。しかし、瞑想をすると何に役立つのか疑問に思うことはありませんか。そもそも忙しい毎日の中で、瞑想なんてできるのかと思う人もいると思います。今回はそんな疑問にお答えするように、瞑想について詳しく説明します。

2 瞑想したらどうなる?やり方と効果 

それでは具体的な瞑想の方法と、その効果をご紹介します。

2-1 瞑想のやり方

瞑想の目的は自分の内面に意識を向けることなので、やりやすいように行えばよいでしょう。瞑想は時間や場所が限定されることはありません。
わずか1分間だけでも瞑想する方法があります。目を閉じて呼吸を整え、4秒間かけて息を吸います。続いてゆっくりと息を吐いていきます。時間は8秒ほどから始めて、できれば16秒間かけるようにしましょう。これを1分間だけ、朝に家を出る前や会社の昼休みなど集中できる時に実行してみてはいかがでしょう。
あるいは夜の寝る前に行う方法もあります。座っていてもベッドなどに横になっていてもよいのですが、部屋の電気は暗くして集中できるようにします。ゆっくりと息を吸い、時間をかけて息を吐きます。これを5分間ほど続けてみましょう。
瞑想をしている時に、最初はいろんな考えが頭に浮かぶかもしれません。瞑想は雑念を払うためのもの、というイメージがあるかもしれませんが、自分の内から出る声にしっかりと耳を傾けてみてください。

2-2 瞑想の効果

瞑想をして得られる効果はいろいろとありますが、それらは自分の心の声を聞くことによる結果にすぎません。
心の声を聞くことで、次第に様々な懸念から解放されるようになります。
その結果、無意識のうちに感じていたストレスや苛立ちから解放されます。次第に悩んでいてもしかたのないことよりも、自分にできることに集中するように意識が向くようになり、「今に集中できる」ようになります。
今に集中することで集中力が高まり、プレッシャーの中でも最高のパフォーマンスを引き出すことにつながります。それは緊張の中でも迷うことなく、的確な判断ができるということです。
すると次は自分でコントロールできることとできないことがわかるようになり、あるがままを受け入れるようになります。そうすると、どのような環境にあっても感謝の気持ちで毎日を過ごせるようにもなるでしょう。
このように瞑想を続ければ段階を踏んで変化が生まれるようになるので、焦らずにじっくりと続けるようにしましょう。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部