2017年12月7日 更新

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に 学ぶ“人生”と“投資”の極意

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場する。その内容は、株式投資マーケットで生き残るだけでなく、人生をサバイブするうえでも大いに役立つ。

2016.2.8
マーケットでの損は取り返せるが、人生での失敗は時に致命傷になる。「人生」という最大の投資で成功するために、「インベスターZ」に登場する朱玉の言葉を紹介しよう。

06.楽しくなければ続けられない

世界最強の投資集団、ヘッジファンド。他人のお金を預かっている年金基金や通常の投資信託などはリスクを減らした安定運用が大前提なのでボロ株への投資は行わないが、ヘッジファンドは、同じように他人のお金を預かりながらも、ボロ株に投資し、大きなリターンを狙う。

その鍵を握っているのが「セームボート」という単語だ。多くのヘッジファンドは他人からの資金に加えて、自分の資金を一緒に運用している。お互いの資金が同じボートに乗っていることで、お金を預ける側は“ファンドマネージャーは自分のお金を失わないように必死で運用するだろう”と思えるし、ファンドマネージャーは、絶対的な収益を生むために頑張るのだ。

リスクが大きい投資は、エキサイティングだ。このゲーム性こそが、本気で投資を続ける原動力になる。人生も、リスクを避けるばかりではつまらない。大きなリターンを得るために、エキサイティングに楽しもう。

07.決断とは“切って離す”ことなんだよ

「何をしてきかたと同じぐらい、何をしてこなかったかを誇りたい」。これはスティーブ・ジョブスの名言だ。

数年前から断捨離がブームになっているが、これは投資においても同じことがいえる。投資の世界では、両手では収まりきれないほどの分析方法が存在する。これらのすべてで100%間違いない買いのサインが出てから投資をしようと思っていたら、チャンスは永遠に巡ってこない。

石橋を叩いてばかりの人生も然り。待ち受けているのは“機会損失”だ。切って離す勇気こそが、前進につながるのだ。

08.健全な自己否定力を身につけ、手段ではなく目的を達成する

傲慢な人間は、なぜしっぺ返しを食らうのだろうか。それは、傲慢になると、偏った善意や正義感で判断しようとする傾向があるからだ。

株式投資でも、ルールや基礎をきちんと理解し、鉄則を守ることが出来れば比較的誰でも利益を上げることができる。にもかかわらず、成功を重ねると自分の直感や理論が正しいと思い込み、結果として損失を被ることがめずらしくない。

いきすぎた自己否定はよくないが、健全な自己否定力は投資においても人生においても目的を達成へと導いてくれる大きな力になる。

09.投資に一番大切なことは、未来を予測する力

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に学ぶ“人生”と“投資”の極意

世界一タメになる投資マンガ「インベスターZ」に学ぶ“人生”と“投資”の極意

投資をテーマにした大人気漫画「インベスターZ」。そのストーリーには毎回、〝投資の鉄則〟〝勝利のオキテ〟が登場する。その内容は、株式投資マーケットで生き残るだけでなく、人生をサバイブするうえでも大いに役立つ。
〈『インベスターZ』主演・清水尋也インタビュー〉堀江貴文、SHOWROOM前田裕二社長、今をときめく経済人が応援!

〈『インベスターZ』主演・清水尋也インタビュー〉堀江貴文、SHOWROOM前田裕二社長、今をときめく経済人が応援!

『ドラゴン桜』など多くの話題作を描き続ける三田紀房氏の大ヒット原作漫画を実写化した、ドラマ『インベスターZ』。”投資”をテーマに、身近なお金に関する疑問だけでなく、結婚や就職など、生きる上で欠かせない情報を盛り込んだ「経済作品」とも言える本作には、実在する多くの社長や経営者が実名で登場するなど、見どころが満載。強引に「投資部」へ入部させられてしまう主人公の財前孝史役を熱演した、清水尋也さんにお話を伺いました。
【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】10億の資産を築いたサラリーマン、本田静六に学ぶ

【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】10億の資産を築いたサラリーマン、本田静六に学ぶ

『インベスターZ』にこんなシーンがあります。 投資の知識を身につけ、成功を収めつつあるさくらの母は、経営する喫茶店を訪れる常連さんたちの要望で、お金についてのミニ講義を行います。彼女が尊敬してやまないという本田静六は「仕組み」を巧みに操り、勤め人でありながら莫大な財産を築きました。
インベスターZが示唆する「IPO株はお値段以上」【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】

インベスターZが示唆する「IPO株はお値段以上」【インベスターZ祝ドラマ化特別企画】

公募価格3,000円、初値5,000円。6月19日、満を持して東証マザーズに上場したメルカリの株価です。午前11時すぎについた初値は、公募価格を67%上回る大幅上昇となり、その後、一時6,000円まで上昇。終値は、初値を300円上回る5,300円となりました。
米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座