2018年5月13日 更新

【季節別】しっかり眠ってすっきり目覚める方法!生産性 と睡眠は切り離せない

朝活や朝型勤務が推奨される昨今ですが、睡眠と生産性の関係を指摘するものは多く、睡眠不足 による大きなリスクも報告されています。しかも睡眠は遺伝によって決まってしまうのだとか。 寝苦しい夏を迎えるにあたり、体質を無視した睡眠習慣はやめて、あなたに合った睡眠を探して みませんか。

gettyimages (14565)

2018.5.13

睡眠と生産性の関係

thinkstock (14561)

睡眠と生産性の密接な関係は経験的にご存じの方も多いはず。睡眠不足は情緒不安定や思考力低
下の他、長期的には糖尿病、高血圧、認知症等のリスクを高めてしまいます。しかし、日本人の
平均睡眠時間は世界の都市で最低クラス。平日の睡眠時間が6時間未満の人が約4割もいると
か。日頃の睡眠不足には利子がつき、週末の寝だめでは解消されないレベルになっています。
健康維持に必要な睡眠量には個人差があり、遺伝で決まります。もしあなたが朝活に繰り返し失
敗するタイプなら、それはあなたの遺伝子がNOと言っているのかも。アメリカのリーダー達や
トップアスリートは、自分の睡眠にとことんこだわります。
時代は短時間睡眠から体質重視の睡眠へ。あなたも自分の睡眠を見直してみませんか。

睡眠パターンとメカニズムをチェック

gettyimages (14566)

睡眠習慣づくりには、まず次の4つをチェック。自分の体質を知り、効率的な睡眠習慣づくりを
行いましょう。

1.睡眠の基本は遺伝で決まる

最低限必要な睡眠量は遺伝で決まります。もし起床から4 時間後に眠気があるようなら、あなた
にはもっと睡眠が必要です。
朝型か夜型かも遺伝で決まります。朝が苦手なら、実は夜型体質なのかも。朝型・夜型はそれぞ
れ得意な部分が異なる個性のひとつ。無理にどちらかに合わせようとすれば、体調を崩してしま
います。

2.睡眠リズムには光と深部体温が重要

睡眠リズムをつくるメラトニンは、光を感知すると減少し、暗くなると増えます。夜ぐっすり眠
るには、朝しっかり光を浴びてメラトニンを減らしましょう。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座