2018年5月13日 更新

【季節別】しっかり眠ってすっきり目覚める方法!生産性 と睡眠は切り離せない

朝活や朝型勤務が推奨される昨今ですが、睡眠と生産性の関係を指摘するものは多く、睡眠不足 による大きなリスクも報告されています。しかも睡眠は遺伝によって決まってしまうのだとか。 寝苦しい夏を迎えるにあたり、体質を無視した睡眠習慣はやめて、あなたに合った睡眠を探して みませんか。

そして、睡眠サイクルが整っている人の深部体温は、起床から11時間後に最も高くなり、起床
から22時間後に最も低くなります。眠るべき時間帯にしっかり眠るには、深部体温をきちんと
上げたり下げたりしましょう。
gettyimages (14582)

3.眠れない「睡眠禁止ゾーン」

眠ろうとしても眠れない「睡眠禁止ゾーン」は、通常の就寝2時間~4時間前にあらわれます。
寝る時間を早めたい場合は睡眠禁止ゾーンを避け、いつもの15分~1時間前の就寝にすると良い
でしょう。

4.睡眠習慣づくりは起床時間と朝食から

起床時間を一定に保つとすっきり目覚めやすくなるため、睡眠習慣づくりは起床時間が重要。そ
して、一日の生体リズムは、長い断食の後の1回目の食事(つまり朝食)からスタートします。

良質な睡眠のための習慣とは?

gettyimages (14599)

しっかり眠る習慣づくりは、起床時間を一定にして朝食をとることから。起きて4時間以内に太
陽の光を見てメラトニンを減らし、それでも起床4時間後に眠くなるなら、就寝時間を15分~1時間早めましょう。
夕方(起床から11時間後)の仮眠は、深部体温を下げてしまうためNG。逆に高強度の運動で体
温を上げれば、その後の体温が急激に下がって夜眠りやすくなります。
夕食は就寝2~3時間前までに。コンビニやスーパーに入るとせっかく増えたメラトニンが減っ
てしまうので、夜遅い食事は昼間のうちに調達するか自宅で軽くとりましょう。
就寝3時間~1時間前に40度程度のお風呂に入るか軽い運動を。体温が一度上がった反動で急
降下して、眠りやすくなります。
もし帰宅が深夜になるなら、夜食は食べずにホットミルクやハーブティーで空腹を紛らわせまし
ょう。
食事では、メラトニンの原料となるセロトニンをつくるため、トリプトファンを多く含む食品を
とりましょう。肉類や魚、納豆、アーモンド、豆乳の他、乳製品やバナナもおすすめです。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部