2018年3月20日 更新

お金の教養 稼ぎ方~『お金原論』[第16回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

お金の教養「使い方」でも、
●支払った額以上の価値を得られた=投資
●支払った額と同じ価値があった=消費
●支払った額以下の価値しか得られなかった=浪費
であると述べた。
自分がお金を支払う側として考えてみればわかることだが、人は基本的に「支払った額以上の価値がある」と判断しないと、自分の大切なお金を支払うことはない。つまり、人がお金を支払うのは、価値を感じるからだ。
では、人はどのようにして価値を判断するのだろうか。
たとえば、自分の好きなブランドのバッグには10万円を支払うことができるが、全く同
じ見た目、同じ素材でも、偽物のバッグに10万円を支払うことはない。これは、見た目や
素材そのものではなく、「ブランド」に価値があると考えるからだ。
gettyimages (11161)

経済学では、私たちが価値と呼んでいるものには、大きく分けて2つあるといわれている。1つ目が「交換価値」、2つ目が「使用価値」だ。
交換価値というのは、お金とモノやサービスを市場で交換するときの値のことだ。この値は金額によって表される。
たとえば、あなたが3歳のときからずっと大切にしているクマのぬいぐるみがあったとする。枕元に置き、毎晩一緒に寝ているので、ぬいぐるみは汚れ、ところどころ傷んでいる。
それから、母の形見として持っている赤い毛糸の手袋。母が小さい頃に祖母に編んでもらったそうで、大人になってからも母は大切に寝室の棚に飾っていた。
どちらも、他人から見たら、「商品」として市場で売ることはできないかもしれない。つまり、「交換価値」はゼロだ。しかし、自分にとってかけがえのないものであったなら、引き換えに10万円、100万円をもらえるとしても譲りたくないだろう。交換価値がゼロであったとしても、大切な思い出や感情が詰まっているので、あなたにとっての価値はとても高いということだ。
こうしたときに、あなたがクマのぬいぐるみや赤い毛糸の手袋に感じている価値。これが2つ目の「使用価値」だ。この特徴は、ある人にとってはとても価値があっても、他の人から見れば全く価値を感じない、ということが当然のように起こりうるということにある。つまり、使用価値の大きさは、人によって変わる。
gettyimages (11164)

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
日常生活での相手の得を考えて動く思考習慣をつける~『お金原論』[第20回]〜

日常生活での相手の得を考えて動く思考習慣をつける~『お金原論』[第20回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

他人のお金の使い方にこそ人格が出る~『お金原論』[第19回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
「魚の釣り方を教える」という社会還元~『お金原論』[第18回]〜

「魚の釣り方を教える」という社会還元~『お金原論』[第18回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
その「価値」を構成するものは何か~『お金原論』[第17回]〜

その「価値」を構成するものは何か~『お金原論』[第17回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人