2020年2月20日 更新

ビジネスエリートの良習慣「体を鍛えること」はスキルの一つ

近年、貴重な時間を削ってまでもジムに通い自らの身体と徹底的に向き合うエリートビジネスマンが増えています。ニューヨークの高級ジムでは、土曜の朝8時には体を鍛える人で混み合うのだとか。できる人はなぜ体を鍛えるのでしょうか。

When you have a well developed body and you’re confident, you see people bending your way, wanting to be on your side, wanting to do things for you.
―Arnold Schwarzenegger
「君の体がよく鍛錬されていて、自分に自信があれば、君のことに好意を持ち、君のそばにいたくなり、君のために何かしたいと思ってくれる人に出会うだろう」
鍛え抜かれた筋肉を持つ、アメリカの有名俳優アーノルド・シュワルツェネッガー氏も、体を鍛えることが自分の魅力を引き出し、人とのコミュニケーションを高めるという名言を複数残しています。
2つ目の理由は、体を鍛えることが、仕事のオンとオフのスイッチとして機能するためです。エリートビジネスマンや起業家は、業務時間や定量のタスクにとらわれずに、常日ごろから仕事のことを考え、休日や早朝、夜中まで仕事をしていることが少なくありません。筋トレやランニングなどをする間は、仕事から離れて頭を空っぽにでき、リフレッシュできます。また、一度頭を「無」にすることで、思考をゼロににし、仕事に戻った際に問題を俯瞰して再考することができます。
このように、仕事をする時間とリラックスする時間を自分でコントロールすることで、仕事にも集中して取り組むことができます。
「仕事が忙しいから」といってトレーニングを後回しにしてしまう人は、優先順位をつけてトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。仕事の効率化につながるかもしれません。

体を鍛えることで、成功を引き寄せる!

gettyimages (52652)

人間誰もが健康な状態であるほど前向きな気持ちになれます。前述の通り、バイタリティ溢れるビジネスパーソンほど、周囲へ良い印象や影響を与えます。
体を鍛えることは、ビジネスパーソンの精神力と体力、そして魅力をアップさせるために必要なビジネススキルのひとつでしょう。仕事、プライベートを充実させるために、トレーニングに挑戦してみてください。

Ayana. I

フリーランスライター・翻訳家 国内大学院にて政治学を研究後、百貨店勤務。現在はフリーランスとしてファッション・旅・グルメ記事の執筆、PR業務、翻訳活動を行っている。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
希少価値を上げると年収が◯倍にも跳ね上がる話

希少価値を上げると年収が◯倍にも跳ね上がる話

お金を稼ぎたい!自由な時間が欲しい!と口にする方は多くいますが、そのためにどんなチャレンジをしていますか?理想が現状でないのであれば何かを変える必要があります。今回は自身の理想に近づくために必要な希少価値を上げる考え方について3つのステップでお話しします。
相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

ビジネスをしていくうえで、性別を問わず見た目は大事であるといえるでしょう。若々しさを無理に取り繕うのではなく、年齢にあわせたいい印象をうまく作り出したいものです。 山口遊子著『見た目はすぐに変えられる』 より、いますぐできる見た目をいい印象に変える方法をご紹介します。
罪悪感を覚える人に!ジムに通えない時にできることを解説

罪悪感を覚える人に!ジムに通えない時にできることを解説

ジムに通っている日数が多い人ほど、通えない期間が続くことで罪悪感や焦りを覚える傾向にあります。その結果、心身に悪影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。今回は、ジムに通えない時におすすめのマインドセットや行動について解説していきます。
TODOリストより大切なTOBEリストとは?理想の自分を描いてみよう!

TODOリストより大切なTOBEリストとは?理想の自分を描いてみよう!

あなたは10年後の自分を想像したことはありますか?毎日TODOリストに追われているばかりではなく、理想の自分を描いたTOBEリストを作り、充実した日々を過ごしながら人生を思うように動かしてみませんか。今回はTOBEリストとは何か、TOBEリストのコツなどをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部