2019年5月20日 更新

アメリカ富裕層のクレジットカード事情は?ブランドで決まる信用力

アメリカ(米国)の富裕層にとって、クレジットカードはまずブランドありきであり、ステータスと社会的信用力を測る物差しになっています。留学・駐在などを経験されるとよく分かりますが、世界で最も富裕層世帯が多いアメリカは、聞きしにも勝るクレジットカード社会なのですね。

アメリカ富裕層から支持されるクレジットカードとしては、「Citi Chairman Card」も外せないブランドです。こちらもAMEXと提携しており、年会費500米ドル(約5万5,000円)とAMEXプラチナカード並みの維持コストで、AMEXブラックカードと同レベルの特典を受けることができます。元来はシティ・グループの証券部門としての名門であるスミス・バーニーの顧客向けに発行されていたクレジットカードであり、ステータス性の高さでは一目置かれる存在ですね。
最後に個性的な、そして、最近アメリカの富裕層からアツい注目を浴びるクレジットカードのブランドを紹介しましょう。「Stratus Rewards Visa Card」がそれで、小規模でありながら独自のマーケットを有します。カードホルダーに求められる要件や発行枚数など、具体的な情報は非公開です。年会費は1,500米ドル(約16万5,000円)と、アメリカの富裕層向けクレジットカードの中でも高額であり、AMEXブラックカードに次ぐ水準ですね。入会は既存会員からの招待に限定されます(自分からは申込み不可)。プライベートジェットによる海外旅行など、ステータス感溢れる独自特典が用意されています。

Kenneth S

総合商社のIT戦略担当からIT系ベンチャー企業の経営補佐などを経て、現在は海外在住の個人投資業。時折、物書きもしている。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座