2018年10月12日 更新

カタカナ言葉を減らして美しい日本語を使おう

幸せ自作人こと島津信枝です。最近カタカナの言葉が増えていると思いませんか。また曖昧な表現も増えているように感じます。カタカナは本来外来語で日本語にしづらい言葉に対して用いられていましたが、最近は日本語に同じ意味の言葉がある場合もカタカナで表記することがあります。

私の気になるカタカナ言葉の一つに「クレーム」があります。例えば「クレームをつける」とか「彼はクレーマーだ」など。

どうして分かりやすい日本語で「苦情をいう」という言葉を使わないのでしょうか。

また、間違った使い方をしている場合もあります。
例えば英語のclaimは「要求する、主張する」という意味を持っていますが、苦情を言うという場合はcomplainを使います。
”He complained that he was ill-treated.” など。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

曖昧な言葉の表現

また曖昧に物事を言うことも増えてきているようです。

例えば「海外に行きたいんだけど、夫とかが反対するのよ」。
「夫とか」というと他にも反対している人がいるような感じですが、実は夫だけ反対しているのを角が立たないように(?)曖昧に表現しています。「夫が反対」または「夫や娘が反対」などの表現の方がはっきりして分かりやすいと思います。

同じような曖昧表現として「みたい」をよく使う人もいます。
例えば「今日は学校休むみたい」など。
これでは休むのか休まないのかはっきりしませんよね。一体誰が休むのかも分かりません。

その他にも時々聞くことがあって違和感を覚えるのは「私的には(わたしてきには)」です。初めて聞いたときは何の事か理解出来ませんでした。「私は」とした方がすっきりします。

こんな調子で日本語が変わってきています。

曖昧なカタカナ言葉が増える事によるリスク

パソコンの説明となるとカタカナばかりです。取り扱い説明書など外国語を見ているように感じることもあります。

外国から入って来た道具だから面倒な翻訳をせずにそのままカタカナ英語を使っているのかもしれません。

でも「日本語で同じ事をもっとはっきり言えるのに」と思うのは年配者のひがみでしょうか。

言葉は時代と共に変化すると言われていますが、曖昧な言葉を使っていると意志疎通も曖昧になり、大事なこともいい加減に判断するようになってしまのではと危機感を覚えます。

出来るだけカタカナ言葉を減らして日本語で意思伝達をするように心掛ければ、美しい日本語が甦るのではないでしょうか。

曖昧な日本語を使っていると精神構造も脆弱になってしまうとも聞きましたので、日頃から明瞭な日本語を意識して使いたいものです。

では 今日はこの辺で。

【前回の記事はこちら】
50代、意外と短い子供達と一緒に過ごす残りの時間
SNSの普及による海外との繋がり
SNSから垣間見える人間関係の変化

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」とは?

ユニクロ型でもアマゾン型でもない小売新業態「D2C」は、自社で企画・生産した商品を自社サイトで販売します。アメリカの成功事例を見ると、商品の特徴、サービス、ビジョン、思想、ユニークさなどで思い切ったことをして消費者のハートをつかみました。
自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

激動の2020年、日本はこれからいろいろな出来事が控えています。働き方も大きく変化している今、私たちは幸せに対する価値観をどう構築していけばいいのでしょうか。 新井和宏著『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 より、知っておくべきお金や働き方の捉え方についてご紹介します。
より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

より上質の暮らしを・・・アーティストたちの夢をたどる「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展

同じ機能の商品が並ぶ中で、「デザインが気に入った」――こう言って何か選ぶ事、よくあると思います。衣類はもちろん、家具、電化製品から文房具に至るまで、身の回りのものたちの選択に “デザイン”は大きな要素です。
死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

山口県萩市は明治維新胎動の地と呼ばれ、数多くの志士を生み出したところです。2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として5カ所が世界遺産の構成資産に登録されました。登録された史跡を訪ね、伝統文化に触れ地元のグルメを味わう、そんな感動の旅に出かけてみましょう。【死ぬまでに一度は行きたい世界遺産  第1回】
「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

「熱くなる」のではなく「熱くする」目標達成のための自分コントロール法

新しい年を迎えて、新たな挑戦をしていきたいと思っている人は多いことでしょう。どんな物事も自分で自分を熱くしていかなければ、目標達成することは難しいものです。 横山信弘著『自分を熱くする』 より、「熱くなる」のではなく自ら「熱くする」考え方のコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座