2019年1月25日 更新

メンタリストDaiGoのブログからお金とのつきあい方を学んでみる

メンタリストDaiGoさんといえば人の心を読むスペシャリスト。マーケティングに参画して欲しいという企業からのオファーも絶えないそうです。山のような本や高額なPC、外国製家電に囲まれて高級マンションで暮らすDaiGoさんは、意外にもお金とのつきあい方について多く発信していました。

2019.1.25

宝くじを買うと幸せになれないわけ

gettyimages (29370)

宝くじで大金が当たった人の末路は良くないと聞きます。散財したり、騙されたり、もっと儲けようと下手な投資をして一文無しになったりという不幸な統計があると聞いたことはありませんか?
DaiGoさんは、宝くじ当選でかえって不幸になるのは快楽適応(ヘドニック・アダプテーション)による弊害のためと結論付けています。快楽適応とはこんな現象のことです。
・新婚当時は幸せだったのに飽きてしまった
・入社当時は意欲に燃えていた仕事に飽きてしまった
・買った頃はとても気に入っていた服に飽きてしまった
DaiGoさん曰く、もし大富豪が宝くじで数億円あたっても破産したりといった不幸に見舞われることはないそうで、DaiGoさん自身も今数億円あたっても、それにより不幸になることはないと断言しています。何故そう言い切れるのかといえば、DaiGoさんが読書という一生続けていけるものに既に出会っているからだというのです。
DaiGoさんは1カ月に100万円も費やし1日に20~30冊と読書しますが、それは読書がもたらす恩恵の偉大さに出会っているからです。
しかし、やりたいことや自分のミッションに出会っていない経験不足の段階で大金を手に入れた人は、その後得られる喜びが減ってしまうというのです。快楽適応による弊害により、宝くじ当選以前に感じていたレベルの幸福では満足できなくなってしまうのです。
宝くじから逸れますが「お金」よりも大切なものについて言及したDaiGoさんのツイートを引用します。
お金を凌駕する人生の喜びに出会えた人は幸せです。悲しいけど、それが得られずに一生を終える人も少なくないはずです。

お金があるだけでIQが上がる?

gettyimages (29371)

「やりたいことがあるけど、お金がないからできない」
こんな言い訳をする人は多いですよね?このような、やりたいことがあるけどお金が足りないという感覚を「スカーシティ(希少性)」というそうです。このスカーシティが怖いのは、大幅に人間のIQを下げるところだそう!ギャンブルで破産する人が負けを取り戻そうとますますハマるのはスカーシティによるものだというのです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部