2019年3月27日 更新

「ミニマムな暮らし」という現代の流行を考える

音楽も映画も書籍も、もはやすべてデータとして保存が可能な時代。モノを所有せず、身の回りはできるだけすっきりと、というスタイルがじわじわと浸透しつつあります。その潮流について心理学者のマッテーオ・ランチーニが語ります。

gettyimages (34111)

2019.3.27

男性ホルモンが豊富な人は高級志向という研究結果

gettyimages (34113)

カリフォルニア工科大学の研究によると、男性ホルモンの「テストステロン」の分泌が活発な人は、高級志向であることが明らかになっています。この研究では、テストステロンを投与された人とそうでない人が参加し、アルマーニやラルフ・ローレン、GAPなどのブランドの嗜好を分析するという非常に興味深い実験が行われたのです。
テストステロンを投与された男性たちは、おしなべて高級なブランドを好む傾向にありました。ちなみに、テストステロンはオスの生殖機能や社会行動に関連するホルモンです。ですから、社会的に成功した男性たちが高価なものを所有したいというのには生物学的にも証明されたことになります。
一方で、金銭的な問題はないのにあえてモノを所有しないという選択をする人も増えているといわれています。
その理由は何でしょうか。

所有しないことで実感する「解放感」と「不安感」

gettyimages (34118)

映像はNetflix、音楽はAppleでの利用が急増している昨今、物理的にモノのやり取りをする必要がないことは、サービスの提供者にとっても消費者にとっても非常に身軽になったといえます。
心理学者のマッテーオ・ランチーニは、こうした消費スタイルは解放性を感じるとともに、不安を覚える人も多いと語ります。たとえば、スマートフォンをなくしたり必要な時にバッテリーが切れていたら、仕事に支障をきたしたり家族との連絡さえままならない、という脆弱性は否定できません。人間関係さえも、アプリを介して成り立つというある意味不確かな時代を迎えているわけです。
また、以前のように雑誌やDVDを購入するために外に出る必要があった頃と異なり、携帯からそれらの購入が可能になったことで、なにかを所有することに対する責任感は大きく低下している、とランチーニ教授は語ります。

物質の所有よりも実質的な経験を重視

gettyimages (34123)

来日する中国人の興味が、ショッピングよりも体験型のサービスへと移行していることがよくニュースになります。これはなにも、13億人の人口を誇る中国だけの現象ではありません。世界中の人々の興味が、モノの所有から思いがけない経験や可能性へと向きつつあるのです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

『 ユダヤ人大富豪の教え 』の著者の本田健さんの書籍『スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン』を知っていますか? 幸せなお金持ちになるためにはどうすればいいのか?そんなことをスイス人銀行家のおじいちゃんと著者とのやりとりから学んでいくという内容の本です。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子