2019年3月27日 更新

「ミニマムな暮らし」という現代の流行を考える

音楽も映画も書籍も、もはやすべてデータとして保存が可能な時代。モノを所有せず、身の回りはできるだけすっきりと、というスタイルがじわじわと浸透しつつあります。その潮流について心理学者のマッテーオ・ランチーニが語ります。

gettyimages (34111)

2019.3.27

男性ホルモンが豊富な人は高級志向という研究結果

gettyimages (34113)

カリフォルニア工科大学の研究によると、男性ホルモンの「テストステロン」の分泌が活発な人は、高級志向であることが明らかになっています。この研究では、テストステロンを投与された人とそうでない人が参加し、アルマーニやラルフ・ローレン、GAPなどのブランドの嗜好を分析するという非常に興味深い実験が行われたのです。
テストステロンを投与された男性たちは、おしなべて高級なブランドを好む傾向にありました。ちなみに、テストステロンはオスの生殖機能や社会行動に関連するホルモンです。ですから、社会的に成功した男性たちが高価なものを所有したいというのには生物学的にも証明されたことになります。
一方で、金銭的な問題はないのにあえてモノを所有しないという選択をする人も増えているといわれています。
その理由は何でしょうか。

所有しないことで実感する「解放感」と「不安感」

gettyimages (34118)

映像はNetflix、音楽はAppleでの利用が急増している昨今、物理的にモノのやり取りをする必要がないことは、サービスの提供者にとっても消費者にとっても非常に身軽になったといえます。
心理学者のマッテーオ・ランチーニは、こうした消費スタイルは解放性を感じるとともに、不安を覚える人も多いと語ります。たとえば、スマートフォンをなくしたり必要な時にバッテリーが切れていたら、仕事に支障をきたしたり家族との連絡さえままならない、という脆弱性は否定できません。人間関係さえも、アプリを介して成り立つというある意味不確かな時代を迎えているわけです。
また、以前のように雑誌やDVDを購入するために外に出る必要があった頃と異なり、携帯からそれらの購入が可能になったことで、なにかを所有することに対する責任感は大きく低下している、とランチーニ教授は語ります。

物質の所有よりも実質的な経験を重視

gettyimages (34123)

来日する中国人の興味が、ショッピングよりも体験型のサービスへと移行していることがよくニュースになります。これはなにも、13億人の人口を誇る中国だけの現象ではありません。世界中の人々の興味が、モノの所有から思いがけない経験や可能性へと向きつつあるのです。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

30代から、部下や上司との関わり合いが増え、悩みが増えてきます。人間はより困難な状況で複雑な感情を抱く時ほど、内面に隠す傾向があると精神科医は語ります。悩みを解決するための方法を紹介します。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕や、芸能人の逮捕など、多くの逮捕案件がマスコミで取り上げられています。逮捕まで行かないまでも、警察に出頭を求められる場合も多々あります。 万が一そういう事態になったときには、どうするのが良いのか? 刑事事件に詳しい弁護士に訊きました。
1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

現在の世界長者番付第1位・ジェフ・べソス率いるAmazon。買いたいものがあったらまずAmazonで検索する人は多いでしょう。商品購入だけでなく動画や音楽配信も楽しめ、食品販売もおこなうAmazonは、この度プライム会員費の値上げを発表しましたが、そのサービスのあれこれを調べてみました。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子