2019年3月25日 更新

ランニング初心者必見!ケガを防ぐためのストレッチ&筋トレ法

「ダイエットや健康維持のためにジョギングをはじめたい!」そう思っている人は少なくないでしょう。しかし運動不足の人は、ケガに注意しなければいけません。そこで今回は、 ケガの防止や運動効率を上げるための初心者ランナー向けストレッチと筋トレ法を解説していきます。

gettyimages (33647)

2019.3.18

ストレッチでケガや疲労の蓄積を防ぐ

運動の効率化をはじめ、ケガや疲労の蓄積を防ぐためにもストレッチはたいへん重要です。そのためジョギングの前後はもちろん、運動を行わない日もストレッチを行いましょう。これから説明するストレッチでは、左右20秒程度かけてゆっくり伸ばすことが大切です。
gettyimages (33645)

背中から腰のストレッチ法からはじめましょう。やり方は、まず床に仰向けになってください。そして、ひざを曲げた右脚を左脚の上に乗せ、下半身だけ左側を向くように腰をひねります。この時、頭は右側を向くようにしましょう。また背中はまっすぐ伸ばし、腕は真横に広げてください。これで背中や腰、胸のストレッチができます。
gettyimages (33642)

太ももとお尻のストレッチに移ります。まず、床に両脚を伸ばして座ってください。次に、右脚を曲げて足の裏を左ひざの内側につけましょう。左脚は伸ばしたままで、つま先は真上を向くようにします。そして、ゆっくり前屈してください。曲げた右脚側は、お尻にある大殿筋をストレッチできます。また伸ばした左脚は、太もも裏のハムストリングのストレッチができます。
gettyimages (33643)

太ももの前部にある大腿四頭筋もよくストレッチしましょう。やり方は、左脚だけを曲げた状態で床に仰向けになってださい。太ももの前部が伸びるのを感じるでしょう。この時、腕を上に伸ばすことで背中のストレッチも同時にできます。
gettyimages (33644)

最後に足のつけ根とふくらはぎのストレッチです。やり方は、まず床に片ひざをついてください。そして床にひざをつけているほうの脚を後ろに伸ばし、足の甲を床につけましょう。腸腰筋と呼ばれる、腰と脚をつなぐ部分を伸ばすことができます。反対の脚は、ふくらはぎやアキレス腱をストレッチできます。

筋トレでクッション力を高める

ジョギングでは体幹や下半身の筋力強化が重要です。しかし、短距離走のような瞬発力重視のトレーニングは行いません。自分の体重を利用した方法で、しなやかな筋肉を作るようにします。筋トレでは、ジョギング中の動きと近い動作をすることを意識します。そうすることで筋トレとジョギングの連動性が強まり、ケガ防止の他にスタミナアップや姿勢の維持などの効果も期待できるでしょう。
gettyimages (33640)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

健康的に食べて痩せる!ケトジェニックダイエットで効率よく痩せるコツ

健康的に食べて痩せる!ケトジェニックダイエットで効率よく痩せるコツ

カロリー制限をせず、しっかり食べて痩せる方法に「ケトジェニックダイエット」があります。しかし、間違った方法でリバウンドしている人も少なくありません。今回は、 ケトジェニックダイエットの正しい方法や効率的に痩せるコツについて解説していきます。
ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

「むくみや脂肪で太い」「筋肉でボコボコしている」そんなふくらはぎの悩みを抱えている人は少なくありません。筋トレで対策をしても逆効果になることも。そこで今回は、ふくらはぎが太くなる原因やラインをキレイにする方法について解説していきます。
背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中の脂肪やたるみで悩んでいる人は少なくありません。背中は自分では確認しにくいため、知らないうちに理想とはかけ離れた後ろ姿になっていることもあります。今回は、 背中にぜい肉がつく原因や脂肪を落とすトレーニング法などについて解説していきます。
その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

涼しくなる秋は過ごしやすい季節です。しかし、夏の生活習慣次第では、だるくなったり気分が沈んだりする「秋バテ」の症状があらわれてしまいます。そこで今回は、 秋バテの原因や予防する方法、おすすめの秋バテ対策について解説していきます。
大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を自重で鍛える場合、強度の高いトレーニングができずに筋肥大に苦労している人は少なくありません。そこでおすすめする方法が、大胸筋を集中的に鍛えることができる、インターバルの短い高強度トレーニング「プッシュアップHIIT」です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座