2018年5月10日 更新

人生の成功者や有能な上司は必ず「セレーノ」な資質を持っている

ボストン・コンサルティング・グループは、世界中の2000万人のサラリーマンを対象にアンケートを実施しました。このアンケートから、彼らが夢に描く理想の上司像がくっきりと浮かび上がったのです。 上司と部下という関係も、つまるところは人間と人間の関係であることが基本。人間的な温かさをもって部下と接しても、クールな冷徹さで部下との関係を維持する上司も、結局のところ「自分がいかに重要な仕事をしているのかを実感させてくれる上司」が、理想の上司像の唯一無二のものであるというのが人材に詳しい人たちの意見のようです。

2018.5.10
thinkstock (14407)

上司によって左右される仕事の質

カシミヤのブランドとして名高いブルネロ・コチネリ。同名の社長は、アメリカの雑誌「Details」で特集を組まれるほど上司としての資質を礼賛されています。
イタリアでは「カシミヤの王」として君臨するブルネロ・コチネリは、読書や演劇鑑賞など、社員が自己啓発のために使う費用を、一人あたり年間500ユーロ(6.5万円)から1000ユーロ(13万円)支給しています。また、昼休みも通常の1時間よりも30分多い90分。
数字として明確にその成果を実感できないこうした「従業員への投資」が、アメリカ人の心をとらえたのかもしれません。
thinkstock (13748)

仕事を愛し才能を発揮できる人が、必ずしも上司に恵まれるとは限らないのは世の常。上司との関係がうまくいかず、愛する職場を去る才能ある人は少なくないといわれています。
上司としての資質の有無は「感情と知性の合一」と語るのは、アメリカの心理学者トラビス・ブラッドベリー氏。
部下や他人の感情を認識して理解し、適切に行動する。
この資質がある人は、部下が持っている才能以上のものを発揮させることを可能にするのだそうです。
なにやら、中国の故事「士は己を知る者の為に死す」を思いおこさせる言葉ですね。

科学の分野からも証明された働くことで感じる幸福の重要性

istockphoto (14328)

近年、人材となる従業員の才能をいかに引き出すかというノウハウ本の出版は枚挙にいとまがありません。
なかには、科学の分野から仕事から得られる幸福感の重要性をうたった書籍も登場しています。
イタリア人社会学者ダニエーラ・ディ・チャッチオが著した『陽性の組織のための科学 ( La scienza delle organizzazioni positive ) 』では、ストレスによる非生産性を強調した上で、陽性の組織における従業員の欠勤、退職がいかに少なく、そのために企業内の生産性がいかに向上するかを数字を上げて説明しています。
幸福のホルモンと呼ばれる「エンドルフィン」「セロトニン」「ドーパミン」の分泌が増えれば、創造性、生産性が向上し、利益も上がるというわけです。
前述の「理想的な上司」ブルネロ・コチネリ は、読書や演劇の鑑賞という文化的刺激によって、従業員たちの陽性のホルモンの分泌を促進しているのかもしれません。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS