2018年5月10日 更新

人生の成功者や有能な上司は必ず「セレーノ」な資質を持っている

ボストン・コンサルティング・グループは、世界中の2000万人のサラリーマンを対象にアンケートを実施しました。このアンケートから、彼らが夢に描く理想の上司像がくっきりと浮かび上がったのです。 上司と部下という関係も、つまるところは人間と人間の関係であることが基本。人間的な温かさをもって部下と接しても、クールな冷徹さで部下との関係を維持する上司も、結局のところ「自分がいかに重要な仕事をしているのかを実感させてくれる上司」が、理想の上司像の唯一無二のものであるというのが人材に詳しい人たちの意見のようです。

2018.5.10
thinkstock (14407)

上司によって左右される仕事の質

カシミヤのブランドとして名高いブルネロ・コチネリ。同名の社長は、アメリカの雑誌「Details」で特集を組まれるほど上司としての資質を礼賛されています。
イタリアでは「カシミヤの王」として君臨するブルネロ・コチネリは、読書や演劇鑑賞など、社員が自己啓発のために使う費用を、一人あたり年間500ユーロ(6.5万円)から1000ユーロ(13万円)支給しています。また、昼休みも通常の1時間よりも30分多い90分。
数字として明確にその成果を実感できないこうした「従業員への投資」が、アメリカ人の心をとらえたのかもしれません。
thinkstock (13748)

仕事を愛し才能を発揮できる人が、必ずしも上司に恵まれるとは限らないのは世の常。上司との関係がうまくいかず、愛する職場を去る才能ある人は少なくないといわれています。
上司としての資質の有無は「感情と知性の合一」と語るのは、アメリカの心理学者トラビス・ブラッドベリー氏。
部下や他人の感情を認識して理解し、適切に行動する。
この資質がある人は、部下が持っている才能以上のものを発揮させることを可能にするのだそうです。
なにやら、中国の故事「士は己を知る者の為に死す」を思いおこさせる言葉ですね。

科学の分野からも証明された働くことで感じる幸福の重要性

istockphoto (14328)

近年、人材となる従業員の才能をいかに引き出すかというノウハウ本の出版は枚挙にいとまがありません。
なかには、科学の分野から仕事から得られる幸福感の重要性をうたった書籍も登場しています。
イタリア人社会学者ダニエーラ・ディ・チャッチオが著した『陽性の組織のための科学 ( La scienza delle organizzazioni positive ) 』では、ストレスによる非生産性を強調した上で、陽性の組織における従業員の欠勤、退職がいかに少なく、そのために企業内の生産性がいかに向上するかを数字を上げて説明しています。
幸福のホルモンと呼ばれる「エンドルフィン」「セロトニン」「ドーパミン」の分泌が増えれば、創造性、生産性が向上し、利益も上がるというわけです。
前述の「理想的な上司」ブルネロ・コチネリ は、読書や演劇の鑑賞という文化的刺激によって、従業員たちの陽性のホルモンの分泌を促進しているのかもしれません。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ワインは本来難しいことを考えずに楽しむべきものですが、レストランでの食事など場合によっては最低限のマナーが求められる場合もあります。今回はワインのマナーについて紹介します。
余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

SDGs(持続可能な開発目標)が話題になっています。SDGsとは、2030年までに達成すべきとされる世界共通の目標のこと。自治体や企業の活動だけでなく、私たちの休暇の過ごし方にも関わっています。レジャーとSDGsはどのような関係にあるのでしょうか。
夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集食品がそろそろ私たちの手元に届くかもしれません。近年では人間に対するゲノム編集も問題となりました。ゲノム編集とは何なのか、どんな規制があるのか、倫理的問題とは何か。かつてSFだった世界に、私たちは向き合わなければなりません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子