2018年5月10日 更新

人生の成功者や有能な上司は必ず「セレーノ」な資質を持っている

ボストン・コンサルティング・グループは、世界中の2000万人のサラリーマンを対象にアンケートを実施しました。このアンケートから、彼らが夢に描く理想の上司像がくっきりと浮かび上がったのです。 上司と部下という関係も、つまるところは人間と人間の関係であることが基本。人間的な温かさをもって部下と接しても、クールな冷徹さで部下との関係を維持する上司も、結局のところ「自分がいかに重要な仕事をしているのかを実感させてくれる上司」が、理想の上司像の唯一無二のものであるというのが人材に詳しい人たちの意見のようです。

理想の上司像を体現するための5か条

人材サービス「HAYS」のファイナンス・ディレクターであるソフィア・コルテージは、部下が夢見る上司像を体現するために、次の五か条の実践を提言しています。
thinkstock (14329)

1.部下からの批判を受け止める

会社のトップにいるということは、部下からの批判の圏外にいるということでは決してありません。むしろ、完璧な上司とは部下からのコメントに率先して耳を傾けるべきだというのです。
同僚や部下に正直で客観的なフィードバックを求めることは、気持ちのいいことばかりではないのは自明の理です。しかし、自分の強みを知り弱点を克服するには、冷静に部下たちの意見に耳を傾けるのが最も有効な手段であるそうです。
逆に、部下からの意見にたいして決してしてはいけないことは、相手に恐怖心を抱かせたり、正直な意見を述べた部下を疎外して別の部下たちに同意だけを求めること。

2.ボスは緊迫している状況の中で感情を暴発させていけない

企業内で目立つポジションにいる人は、常に冷徹さを保たなくてはいけない。これもよく聞く言葉ですが、その理由とはなんでしょうか。
上司が冷静さを失い感情を爆発させると、重要な決定も安易に成されてしまう可能性があるためです。理想的な上司は、どのような言葉や行動が部下たちのあいだに緊張感を引き起こすか理解し、そうした状況をなるべく避け、最良の決定が行われるべくあらゆる弊害を排除していく必要があります。
これもまた、マキャベリの言葉「天国へ行くのにもっとも有効な方法は、 地獄へ行く道を熟知することである」を思い起こさせますね。

3.朝の挨拶は基本の基

朝、コーヒーを飲みながら同僚や部下が不機嫌な顔をしていたら、気遣いを持ってその理由を尋ねることは決して出しゃばりな行為ではありません。困難な瞬間にいる人々と思いを共有するリーダーは、部下の気持ちをつかみやすいからというのがその理由です。
一般論では、リーダーは部下とある程度の距離を保ち、あまり人間的な側面を見せないスタイルを貫くほうが生産性が向上すると思われています。
しかし、これは現場の空気を重くし、非生産的な風潮を生み出す土壌となる行為であるとコルテージ女史は語っています。

4.ボスが口にしてはいけないフレーズが厳として存在する

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子
お金の教養講座